2018年の花火大会!群馬編 8月4日開催

群馬県で8月4日に開催される花火大会の情報をお伝えします。開催時間や日程、有料席情報、交通機関・アクセス情報、駐車場、穴場スポット、お問い合わせ先や関連HPなどを一挙紹介します!

第30回赤城山夏まつり花火大会2018年8月4日

日程・アクセス

赤城山夏祭りは、赤城山に盛夏の訪れを告げる夏の風物詩です。色鮮やかな花火がお祭りのフィナーレを彩ります。20分間に約800発の花火が打ち上げられ、その色とりどりの花火の姿は湖面に写り、その湖面には願を書いた灯篭が浮かび、とても幻想的な風景を醸し出してくれます。・開催時間 19:20~19:40有料席 なし天気 雨天決行(ただし荒天の場合は中止)開催場所 赤城大沼周辺交通機関 JR前橋駅から関越交通バス80分「あかぎ広場前」下車し、すぐ。 関越道赤城ICまたは前橋ICから車で70分。・駐車場 500台止めることができ、無料お問い合わせ先 前橋市役所観光振興課 0272-10-2189情報HP 前橋まるごとガイド

花火大会以外にもイベントがたくさん!

百名山の赤城山には赤城神社があり、「赤城山夏祭り」は赤城神社の夏祭りで、神事が行われるほか、小笠原流 弓馬術 礼法宗家が神様に奉納する弓術が観覧できます。また、大沼湖畔ではジャズコンサートのほか、手漕ぎボート大会などが開催され、木登り体験(ツリーイング)も楽しめます。夜には赤城姫である淵名姫が、赤城神社でいただいたご神火を灯篭へともし、その灯篭を流す「灯篭流し」が行われ、参加者全員で祈願するという神事が行われます。ぜひ、家族や恋人と参加してみてくださいね!

高崎まつり大花火大会2018年8月4日

すごい迫力ですね!「怒涛の花火大会」という言葉が良く似合います。「高崎祭り」の始まりは、1717年(享保2年)で、頼政神社の資料にも残っています。その昼の主役が長い歴史を持つ、華やかな高崎の山車たちです。そして高崎祭りは、「人の流れに逆らえない」ことでも有名なほど人気のあるお祭りで、2日間で70万人もの人々が参加する、群馬県の大きなお祭りです。そんな高崎祭りの1日目の晩に打ち上げられるのが「大花火大会」です。なぜ「大」がついているのかといえば、なんと1時間弱で約15000発を打ち上げてしまうからだそうですよ!

日程や有料席は?

開催時間 19:40~20:30天気 雨天決行(ただし荒天の場合は中止)開催場所 烏川和田橋上流河川敷観覧スペース 無料 A会場:和田橋から八千代橋にかけての堤防通路階段での場所取り観覧NGB会場:烏川緑地・高松エリアの緑地公園内を開放通路階段(指定された場所は除く)での場所取り観覧NG。※混雑した場合は、安全面から入場制限ありC会場:高崎総合医療センター北側空き地場所とり花火大会当日「午前8時」から!※混雑した場合は、安全面から入場制限あり。※市役所南側高崎公園脇から迂回。・観覧スペース 有料(抽選販売:7月上旬の締め切り日必着。必要事項を書いた往復はがき送り、抽選→当選者花火大会前日まで高崎市役所の窓口まで、返信されたハガキを持って、チケットと交換しに行く烏川和田橋上流河川敷 500席 料金:大人2500円 こども(高校生以下)1000円小学生未満の幼児チケット購入者同伴の場合のみ入場無料しかも、「おつまみ・ビール・うちわ・お茶・座布団・近くに仮設トイレ」つき!・当日券 1人につき2枚まで。100席のみ先着順!

アクセスや駐車場

交通機関 JR各線・上越新幹線・長野新幹線 「高崎駅」から徒歩20分 関越道高崎ICまたは前橋ICから約25分 上越道藤岡ICまたは吉井ICから約25分駐車場 なし お問い合わせ先 高崎市役所観光課 0273-21-1257

穴場スポットも多い

これでも見る場所を確保するのがとても大変な「高崎大花火大会」。実は、穴場スポットがけっこう多いことでも有名です。①高崎高島屋上の階のレストランから花火が楽しめ、屋上にはビヤガーデンがあります。ビールを飲みながら花火を眺めるのも、また一景!②高崎公園和田橋交差点から中山道を南東へ(高崎駅から徒歩15分)にあります。カップルにはほどよい穴場かも!③高崎市城南野球場②の高崎公園から中山道をさらに南東へ10分歩くとあります。周囲が開けているため、綺麗に花火が見られるとか。。。一度行ってみると良いかも。④聖石橋の下の無料駐車場どうしても車で行かないといけない人には嬉しい臨時駐車場。正午から無料開放されるそうな。早めに行って、のんびり場所取りも良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?今回は、2018年8月4日に群馬県で開催される花火大会について、いろいろ書きました。ぜひ参考にして、楽しい夏の思い出を作ってくださいね!