むろらん港まつり納涼花火大会2018 日程,時間,アクセス,混雑,穴場は?

毎年、北海道室蘭市で行われるむろらん港まつり。このお祭りで初めて室蘭を訪れる方でも分かりやすく日程,時間,アクセス,混雑,穴場は?といった情報をまとめています。日により代わる代わる行われるイベントやメイン会場の場所、お勧めの行き方など。この記事を読むだけで今までのお祭りの傾向や最新情報の確認もできます!旅行で行かれる方、久しぶりに訪れる方、毎年行かれる方もぜひ参考にご覧ください。

むろらん港まつり納涼花火大会2018 日程・アクセス

開催日程・時間

・7月27日(金)~29日(日)27日 ・花火打ち上げ・20:30~21:00 ※荒天時29日(日)に延期) 28日 ・室蘭ねりこみ(市民踊り、神輿・山車など) 29日 ・よさこいソーラン

開催場所

室蘭埠頭

有料席・専用有料駐車場

なし

トイレ設置

入江臨海公園に臨時トイレ一カ所あり

屋台

入江臨海公園横特設会場

アクセス

JR室蘭駅から徒歩15分まだ正式発表ではありませんが例年通りだと臨時のバスも発車されます。(公式twitterにて確認可能)

むろらん港まつり納涼花火大会2018 駐車場

道央道室蘭ICから白鳥大橋経由で車で10分無料駐車場1000台あり(埠頭近く)近隣には駐車場はあまりないようです。有料駐車場は駅の近くになるので、可能な限り駅から歩くか臨時バスの利用をお勧めします。※混雑が予想されますので可能な限り公共機関をご利用ください。

むろらん港まつり納涼花火大会2018 穴場スポット

駐車場からだと入江臨海公園が近く徒歩だと倉庫側に誘導されるようです。どちらも遮蔽物がないので海に浮かぶ大輪の花火を思う存分楽しむことができます!・入江運動公園20時まで温水プールがやっています。少し高台にあるので屋台からは遠くなりますが花火がよく見えます。2006年頃まではこちらがメイン会場でした。・フェリー今年6月からフェリーがでています。悪天候でなければ乗れるかもしれません!(18:00入港、20:00出港)公式最新情報むろらん港まつり公式twitter ※こちらで例年の地図・臨時バス時刻表も確認できます。

まとめ

今年で71年目を迎える北海道室蘭市の港祭り。元々は太平洋戦争の復興を願って始められたということで、その歴史は古く地元の方々の情熱を感じるお祭りです。メインイベントは初日の花火大会で2000発が打ち上げられます。雄大な港に浮かぶ花火は空から海面から美しく咲き誇り、広い港から一望することができます。見どころは花火だけではなくその後の二日間で町中で催されるパレードや踊りです。催しはよさこいや市民踊りだけでなく、例年太鼓、フラダンス、歌謡ショーと盛りだくさんで行われます。今年からコスプレカーニバルも催されるそうで様々なジャンルのパレードが期待できます。その熱気が伝わってくるポスターが町中にあり、雰囲気がとても魅力的でわくわく感が増しますね!みなさんの楽しみであるやきそば・金魚すくい・たこ焼き・ザンギ(から揚げ)とたくさんの屋台がこのお祭りでも並びます。お祭りの雰囲気の中で食べる屋台の食べ物は格別ですよね。せっかくなので夏ならではの出店グルメに舌鼓を打ちながらお祭りを楽しみたいです。小さい子からご年配の方まで楽しめますよ。せっかくの花火大会です。浴衣や甚平で屋台を覗いてお祭りの雰囲気を存分に感じましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です