SUITS(スーツ)7話見逃し配信動画を無料視聴!DailyやPandoraは危険?ネタバレ,評価感想も

“エリート弁護士”役の織田裕二さんと”見たものを忘れないフリーター”中島裕翔さんのコンビ、そして織田裕二さんと鈴木保奈美さんの再共演で話題になっているドラマ「SUITS(スーツ)」!

弁護士ドラマとしてのクオリティの高さも相まって人気の作品になっています。

「SUITS(スーツ)」の第7話の見逃し配信動画を視聴する方法をお伝えします!

Daily Motion やPandoraTV の危険性もご説明しています。

また、SUITS(スーツ)のあらすじやネタバレ、視聴者の感想、評価も紹介していますので是非ご覧ください。

SUITS (スーツ)7話の見逃し配信動画をフル視聴する方法

【放送から1週間まで】FODで見逃し配信動画の視聴方法

SUITS (スーツ)は、7話はフジテレビの公式動画配信サービスであるFOD (フジテレビオンデマンド)で見逃し動画がフルで配信されます。

配信はその回の放送から1週後の次話放送前までです。

無料で見られるので大変ありがたいですが、デメリットもあります。

  • 見逃し配信動画の視聴中、定期的に広告CM動画が入る(視聴必須)
  • 動画が重く、モッサリしている場合があるので視聴していてストレスを感じることも
  • 一週間後(次話放送前)で配信は終了する

無料のサービスなので広告が入ったり、動作が重くなることがあるのは仕方ないですね。

無料で見られることをありがたく思いましょう(^^;

しかし、上記のデメリットを解消する方法があるのです。

それを次の項目で説明します。

【放送から1週間以降】FODプレミアムで見逃し配信動画を視聴する方法

SUITS (スーツ) 第7話は、その回の放送から一週間後の次話の放送が開始されると「FOD」での無料配信が終了します。

その後は、「FODプレミアム」で動画の配信が開始します。

無料サービスの「FOD」の状態では、見逃し配信動画は1週間で終了しますし、他に見られる動画も限られています。

月額料金を支払うことでFODプレミアム」という上位サービスになり、全サービスが使えるようになります。

フジテレビ系の動画であれば、過去のテレビドラマや映画を視聴できるようになります。

月額料金は888円です。

しかし、初回登録で1ヶ月はこの888円が無料になるのです。

解約にかかる違約金はないので、試してみて使わないと思ったら1ヶ月以内の解約であればお金はかかりません。

FODプレミアムでは最新ドラマも、バラエティも、映画も、1ヶ月では見切れないほどのコンテンツが配信されています。

映画を一度見に行くだけで1500円くらいかかってしまうのに、大量の作品を888円で利用できてしまうこと自体すごいですよね?

しかも、初回1ヶ月はそれを無料で利用でき、お試しできるのですから本当におすすめです。

FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料でSUITS(スーツ)の動画を視聴

【放送から1週間以降】dTVで見逃し配信動画を視聴する方法

SUITS(スーツ)は、「FODプレミアム」の他に「dTV」でも見逃し動画が配信されます。(放送から1週間後です)

dTVは通信キャリアであるドコモによる動画配信サービスで、ドコモのスマホを利用している人なら馴染み深いかもしれま
せん。

一応、dTVはドコモユーザーでなくても誰でも利用可能ですが、ドコモユーザでない人は別途登録作業が必要になります。

dTVは月額500円(税別)で利用することができます。月額料金はFODプレミアムより安いですが、FODプレミアムに比べるとレンタル作品や追加料金が必要な作品が多い印象です。

⇒dTV公式サイト

FODプレミアムとdTVどちらが良いの?

FODはどんな人におすすめ?

動画配信サービスをはあまり使ったことがなくても、使いやすいので初心者でも安心です。

初心者にはまずFODプレミアムの初月無料を使うことをおすすめします。

⇒FODプレミアム公式サイト

dTVはどんな人におすすめ?

ドコモユーザーで、とりあえずドコモ純正の動画配信サービスを使いたい人におすすめです。

⇒dTV公式サイト

FODプレミアムにしてもdTVにしても、初回1ヶ月間は月額料金が無料になるので、お試し感覚で利用してみるのがおすすめです。

あまり使わなようであれば解約してもお金はかからないですからね。

FODやdTVの楽しさに気づいて継続する人もたくさんいますよ!

FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料でSUITS(スーツ)の動画を視聴

動画共有サイト(Dailymotion・PandoraTV・miomioなど)で視聴できる?

SUITS(スーツ)の見逃し動画を、動画共有サイトでドラマの見逃し配信動画を視聴しようとする人がいますが、

これにはかなりのリスクがありますので、絶対ににおすすめできません。

動画共有サイトのデメリット

  • お目当ての動画があるかどうか探す手間と時間がかかり面倒
  • 仮に見つけてもフル動画だとは限らない(そうでないものが多い)
  • ウィルスに感染する恐れのある広告が出る場合がある
  • そもそも違法

いくらドラマの見逃し配信動画を見たいからと言って、これだけのリスクを負う必要はありません。

FODプレミアムやdTVであれば、

  • 1ヶ月無料で利用できる
  • お目当てのドラマのフル動画が確実に視聴できる
  • 正規サービスなので安心・安全

普通に考えてこちらを利用するのがおすすめです!

FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料でSUITS(スーツ)の動画を視聴

SUITS(スーツ) 7話のあらすじ

甲斐(織田裕二)は、クライアントの『桜庭リゾート&ホテル』社長・桜庭庸司(髙橋洋)に会いに行く。桜庭は、ここ10年の間に13ものホテルを造り上げており、そのうちの4ヵ所は五つ星の評価を得ることがすでに決まっていた。そんな桜庭のもとに、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クライン(クリス・バテン)から合併の提案があったという。『KJO』の代理人弁護士は、大手ファーム『弁護士法人セイント』に移籍した木次谷公一(橋本さとし)だった。


大輔(中島裕翔)は、司法試験を目指しているものの受験恐怖症に悩んでいた真琴(新木優子)に協力を申し出る。大輔と真琴は、さっそく試験対策に取り組み始める。


同じころ『幸村・上杉法律事務所』では新人弁護士の採用面接が行われていた。そこで大輔は、真琴と談笑していた女性・町田日向子(石橋静河)の姿を見つけ驚く。実は大輔は、司法試験で日向子の替え玉受験をしていたのだ。事情を知った甲斐は、本人が替え玉のことを話すわけがないから心配ない、と大輔に告げるが……。

甲斐に命じられて『KJO』グループを調べていた大輔は、グループがタイに所有するホテルで従業員のストライキがあったことを掴む。甲斐は、合併交渉を優位に進めるため、木次谷の息子の替え玉受験をしたことがある大輔をともない、『セイント』を訪れる。そこで大輔は、『セイント』の代表が真琴の父・聖澤敬一郎(竹中直人)であることを知り……。

SUITS(スーツ) 7話のネタバレ・感想

トリプルチョコマフィン 女性 40代 主婦

SUITSの第7話の見どころはなんといっても織田裕二演じる弁護士甲斐と竹中直人演じる弁護士聖澤の戦いだと思います。
甲斐が顧問をしているホテルが大手のホテルグループと合併を予定していたのですが、大手ホテルからの合併案は酷いものでした。
そこで、甲斐が有利な合併にしようと相手のマイナス要因を探り、見事に相手の弱点を掴み合併を有利に運ぶような流れに持っていきました。
甲斐の戦略は素晴らしいのですが、この相手の弱点を探るのがニセモノ弁護士の大輔でした。
大輔位は本当に優秀な人なのだなあと思います。
甲斐のもとで情報収集をする仕事をするだけで、別に弁護士として働かなくてもいいのになあといつも思います。
そしたら、いつかニセモノ弁護士とバレるかもしれないというおびえを捨てることができます。
そして、甲斐のアシスタントとして働くことで、収入面でも安心だろうし、なにより、自分の本当の名前で働くことができます。
法廷にたてないというだけで、あとは、弁護士以上の仕事ができるのだから、大輔は弁護士じゃなくてパラリーガルになればいいのにと思いました。

SUITSの第7話では聖澤が実は、合併といいながら、甲斐が顧問をしているホテルを巧みに乗っ取ろうとしていることがわかりました。
もう、絶対絶命という感じだったのですが、これも甲斐の奇策で乗り切ることができます。
弁護士というと長時間かけて、退屈そうな関係資料を読み漁り、なんとか交渉の糸口を見つけるという地道な仕事が多いようなイメージですが、このドラマでは、センセーショナルな方法で手っ取り早く、結論がでるので、見ているものは飽きずに何度もどんでん返しを楽しむことができてすっきりすることができてなかなかよいと思います。

椿 女性 20代 学生

「SUITS スーツ」第7話での一番の驚きは鈴木が以前やっていたという替え玉受験は男性だけで無く、女性の方にまでも引き受けていたとのことである。甲斐が疑問に感じたように、鈴木はどのような方法で女性の替え玉受験を受けているのだろうかと思えば、カツラに、メイク、それから胸まで作るというのが面白かった。日向子から替え玉受験の話を聞いた真琴は鈴木に頼みたいと思ってしまうくらいに、真琴は試験から逃げ出したくなる気持ちを持っているのだろうかと気になった。
「SUITS スーツ」第7話ではKJOグループと桜庭リゾートが合併するとの話に対し、桜庭リゾートの社長はKJOグループのことを何一つも疑っていなかったので、甲斐と鈴木が行動を取ってくれてよかったのだと感じた。このままでは敵対的買収され、桜庭は後にて物凄く後悔してしまうという展開になるところだった。何か裏があるのだと睨んだ甲斐が鈴木と共に調べるという行動力はさすがとしか言いようがないくらいに素晴らしかった。

イカロス 男性 30代 フリーター

今回の「SUITS」第7話はキャラの濃いい竹中直人さんがゲストとして登場するということで、とても楽しみにしていましたが、なんとなく物足りなさを感じる内容だったと思います。
聖澤の父親ということが判明するという意外な展開はありますが、ストーリーを掻き回すくらいに、もっと大暴れして織田裕二さんと戦って欲しかったと思います。
内容的には甲斐と鈴木の絡みは、ますます息が合ってきて、テンポも良くなり、とても面白くなってきたと思います。
そして甲斐とチカも、今まではなんとなく考えが合わずに、いがみ合っているように見えましたが、今回共通の敵を見つけて一致団結して仲良くなってきて良かったと思います。
そして今回の「SUITS スーツ」第7話の中で一番気になったのはファームの名前として残っている「上杉」という存在です。
追放したのに名前が残っているのは不思議な感じがします、過去にどんな事があったのかが後々描かれると思うので期待しています。

マリメッコ 女性 30代 主婦

第7話も織田裕二演じる甲斐がかっこいいです。今回の一番のみどころは竹中直人演じる聖澤真琴の父親、聖澤敬一郎が出てくるところです。本場SUITSのアメリカ版でもレイチェルの父親ロバートゼインを誰が演じるのかドキドキしていましたが、竹中直人さんだとは驚きでした。
でも大御所なだけあって、貫禄もあるし見れば見るほど超えられない父親、甲斐が苦戦を強いられるくらいの大物感がすごく出ていると思いました。
あとはいつもこのSUITSのみどころ、鈴木大貴が本物の弁護士ではないというのがついに聖澤真琴にもバレてしまうというのが第7話の大きな展開を迎えたところです。
真琴が司法試験を合格をあまりに願うあまり、回り回って間接的に大貴に司法試験の替え玉を頼んでしまうことになり、実は以前も替え玉をしていた大貴の過去がバレてしまいます。せっかくいい関係になり始めていた二人ですが、今後の関係にどう関わってくるのかが気になる所です。

ミンク 女性 40代 主婦

SUITS第7話は企業の合併の物語でした。聖澤さんの父親は油断ならない人でした。幸村さんの所に姿を現したのも作戦だったのですね。でも聖澤さんに対しては理解のありそうなお父さんぶりだったので、その辺は不思議と安心しました。聖澤さんが親からのプレッシャーで試験がうまくいかないのかなと予想してしまっていました。結局聖澤さんは替え玉受験はする気はなくて、それが大貴かどうか確かめる為に友人の話に乗ってみただけだったのでしょうか。そうであって欲しいなと思います。SUITS第7話はそれぞれの人間関係が少し深まったように見えました。甲斐さんが幸村さんをちゃんと信用しているような所が分かってよかったです。大貴と真琴はせっかく仲良くなれそうだったのにこんなことになってしまって残念です。蟹江先生は心配させておいて結局給料値上げが目的だった、というのに笑ってしまいました。甲斐先生と比べて失敗が多そうに見えますが、自分の利益を得ることについてはかなり優秀な人なのだなと感心します。

ゼット 男性 40代 フリーター

SUITS 第7話は、色々と新しい情報と人物の内面が知れた様に感じた話でした。5つ星に選ばれた桜庭ホテルに合併を持ち掛けてきたKJOグループという大手ホテルグループとの交渉に、大輔が関わった替え玉受験の父親、木次谷が相手側の代理人弁護士として、出て来たと思っていたら今度は真琴の父親の聖澤敬一郎が、セイントの代表弁護士として甲斐と大輔の前に現れたのも、驚きと共に面白くなって来たと感じました。一方的な交渉を仕掛けて来たり、甲斐達がタイのホテルを統轄しているマネージャーの横領事件を嗅ぎ付けるとチカに接近して交渉の譲歩を言ってきたり、その裏で桜庭の会社の株を買い漁り、合併に見せ掛けた買収を企んでいたりと、あの手この手で甲斐達を揺さぶる内容にそういった事に疎い私は、いちいち変な感心を抱いて見ていました。結局、甲斐が機転を効かし5つ星のホテルを売却し、資産価値を落とし聖澤達の思わくを外すという荒療治に出て勝って、スッキリとした気分になれました。それは聖澤敬一郎を演じた竹中直人さんの、縦横無尽な凄みを感じさせるをベテランの演技と、それに応えた織田裕二さんの演技のぶつかり合いから来るモノだなと感じたSUITS 第7話でした。

あき 女性 30代 主婦

SUITSの第7話では、幸村・上杉法律事務所で新人弁護士の採用面接が行われ、以前大輔が司法試験で替え玉受験をした町田の姿を見つけ驚いていた。その事情をすぐ甲斐に相談しに行くところは、大輔と甲斐がいい関係になってきているなと感じました。SUITS第7話でも、蟹江は採用面接でパワハラ面接とネットで叩かれていて、毎回なにかしらやらかしてくれて、気持ち悪いけどいいキャラしていて欠かせない人だと思います。ホテルの合併話は、簡単に解決してしまって、真琴の父親がやり手の弁護士には見えませんでした。桜庭リゾートホテルの社長を甲斐は説得できたのか、ハッタリだったのか、気になります。町田は親友とは言え、なんで真琴に替え玉受験のことを打ち明けてしまったのか理解できません。こんな重要な秘密、軽々しく話すべきではなかったと思いました。そして、大輔はなんで電話番号を変更しないのか疑問です。肉親は祖母しかいないから変えやすいとは思うし、変えたら大貴としての身元がバレにくくなると思いました。

和瀬 女性 30代 主婦

 SUITS 第7話は、甲斐は顧客であるホテルグループ「桜庭リゾート&ホテル」の社長・桜庭庸司に、大手ホテルグループ『KJO』社長のジーン・クラインから合併の提案を受けていることを相談される。日本のホテル界ではトップクラスの桜庭は次期にホテル5つ星に昇格が決まっており、これを機に海外進出を目論んでいた。しかし、合併先の出してきた条件は乗っ取りとも言えるようなものであり、真琴の父である聖澤は事業規模から考えて当然と推し進めようとする。不振に思った甲斐が内部調査を進めると、タイのホテルで横領事件があったことが明らかになる。甲斐はそこをつき、合併の条件改善を持ち出す。竹中直人が優秀だが悪どい弁護士役でハラハラさせられた。また、上杉という事務所の名前にもあり休職中の人物についても謎が浮上してきた。
一方、大貴は司法試験を目指しているものの、受験恐怖症に悩んでいた真琴の受験勉強に協力することになる。さらに真琴の親友の替え玉受験の相手が大貴だと真琴にバレてしまう。SUITS第7話にして遂に弁護士としてやっていくのが危ぶまれる展開だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です