貴乃花光司の新職業は絵本作家!実は過去に絵本を出版していた

3月20日のTHE発言Xで、大相撲の元横綱で元親方の貴乃花光司さんが新たな職業として絵本作家を志すことを発表しました。

実は過去に絵本を製作し出版していたことをご存知でしょうか?

なぜ絵本作家なのか、その理由や今後についてご紹介します!

貴乃花の絵本作品「光のテーブル」ストーリー・書店や通販で買える?

相撲と相撲以外では表情の違う貴乃花

平成の大横綱と呼ばれ、引退後や親方になっても世間の注目を集めてきた貴乃花光司さん。

特に2018年の親方としても角界を引退することになるまでは、本当にいろいろなことがあり、

連日テレビで放送されていました。

厳しい表情言葉が印象的に残っています。

しかし、バラエティ番組出演の際など、相撲とは離れた場面ではとてもにこやかに話すんですよね。

THE発言Xでも、始終笑顔を見せながら出演していました。

貴乃花光司は絵本作家を目指す!

そんな貴乃花光司さんですが、角界を引退した現在、なんと絵本作家を目指し、これに人生をかけて臨むというのです。

これには非常に驚きです…!

力士、親方として厳しい姿が印象的だっただけに、あまりにもギャップがあるように感じます。

しかし、実は貴乃花光司さんは力士として現役だったときに、絵本を出版していたのです。

「小さなバッタのおとこのこ」という絵本で、貴乃花光司さんが力士の経験を通して感じたことを描いています。

ストーリーは貴乃花光司さんで、絵はそやなおきさんという方です。

ずっと以前から、絵本江尾作りたいという気持ちはあったんですね。

しかし、貴乃花光司さんは責任感がものすごく強い方ですから、

力士あるいは親方でありながら副業的に絵本作家となることは自分自身で許せなかったのかもしれません。

ある意味で相撲から解放された今、ようやくかねてからの夢であった絵本作家を目指せるようになったのかもしれませんね。

貴乃花光司が通う絵本教室とは?

貴乃花光司さんは絵本作家をめざして絵本教室に通っています。

アニメ映画にもなった大人気絵本「あらしのよるに」の作家である、きむらゆういちさんの「ゆうゆう絵本講座」という絵本教室です。

この絵本教室にはコースがいろいろあるのですが、通学絵本コースの内容や料金は次のような感じです。

  • 基礎講義:約30分
  • 絵本作り:約1時間
  • 作品発表(宿題):約30分
  • 6ヶ月(月2回):60,000円+税

思ったより安いな~と感じました。

貴乃花さんは、絵本のストーリーを学ぶ講座を学んでいましたね。

絵は今のところ他の方にお願いするスタイルのようです。

それにしても絵本教室に通うのは女性が多いと思うのですが、

元横綱一緒に絵本を学んでいたらびっくりしますよね…!

これからどんな絵本を世に出していくのか、これから楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です