岩橋玄樹のパニック障害の症状と原因は?キンプリ内の問題も?

今年の5月にデビューしたばかりのKing&Prince(以下キンプリ)のメンバーである岩橋玄樹くんがパニック障害の治療のため休養することを発表しましたね。

それを知って驚いた人もいるのではないでしょうか?

今回は岩橋玄樹くんが休養する原因となったパニック障害の症状や原因について調べてみました。

パニック障害とは?

パニック障害とは不安障害の一種で、生涯でパニック障害を発症する割合は1.5%~5%と決して少ないものではありません。

パニック障害の症状は突然の動悸や呼吸困難、発汗などがあります。それに加え不安感や恐怖感を感じる「パニック発作」です。だいたい20~30分ほどでおさまるとされています。

しかし何度もパニック発作を繰り返すことで、また発作が出るんじゃないかという強い恐怖感や不安感がでてくる「予期不安」が生まれます。

そして大勢の人の前で発作がでたら…と思う更なる恐怖感や不安感から大勢の人が集まる場所を避ける行動をとる「広場恐怖」になることもあります。


「パニック発作」「予期不安」「広場恐怖」の負の連鎖により、パニック障害が悪化し「うつ病」の併発につながることもあるのです。

岩橋玄樹のパニック障害の症状

 


岩橋玄樹くんの詳しい症状については明かされていませんが、「2018年5月にKing & Princeとしてデビューし、岩橋を取り巻く環境が大きく変化したことでジャニーズJr.時代と比べ、心身のバランスを保つことが難しくなる局面もございました」とのコメントが出ていました。

「RIDE ON TIME」というドキュメンタリー番組でパニック障害だということを告白していましたが、そのときは症状が落ち着いているのかな?

と私は思っていましたが、ファンの間では公式携帯サイト・Johnny’s webのグループ連載『Diary King&Prince』で岩橋玄樹くんが10月15日に更新した日記を見て、「いつもと違うテンションの日記」「絵文字もない」等心配する声も寄せられていました。

岩橋玄樹くん自身も「逃げられないような立場だったり、もうどうしていいか分からなくなると自分の感情がコントロールできなくなる」と語っていたことから、デビューをきっかけに落ち着いていた症状が思っているより悪化しているのかもしれませんね。

岩橋玄樹のパニック障害の原因


パニック障害の原因となったのは、学生の時にいじめにあっていたことが原因の一つになったとキンプリメンバーの神宮寺勇太くんに話していたそうです。

過度なストレスによっても引き起こされるとされているパニック障害。

よほど辛い経験をされたのでしょう…。

そして事務所よりコメントもありましたが、デビューによって環境が大きく変化したことでパニック発作が、でやすくなったと思われます。

一部では、パニック障害のことを神宮寺勇太君にしか明かしてなかったことなどからキンプリ内で不仲が囁かれているようですが、普段テレビなどで見る彼らはとても仲がよさそうにみえるし、「僕たちは彼が戻ってくるまで、King&Princeを絶対に守ります。

そして今まで以上に輝いて戻ってくる岩橋玄樹の復帰を待ちます」とも話していたそうなので不仲だということはないのではないかと私は思います

 

パニック障害を発症した他の有名人


上記でも説明したように、パニック障害になる確率は決して低いものではありません。

芸能人でもユースケ・サンタマリアさんやIKKOさん、そしてジャニーズであるKinKi Kidsの堂本剛さんがパニック障害だったとして知られています。

パニック障害の治療については人により克服できる時間が違います。

岩橋玄樹くんがいつ復帰されるか等はなにもわかりませんが、しっかりと治療を行い彼自身が安心してキンプリへ戻り、ファンのみんなの前に立つことが出来る日が来るといいですね。