宮島咲良のギャップが凄い!4つの残念ポイントがイメージと違いすぎる

「宮島咲良 ギャップ」がネット上で話題になっていますね!

リサーチしてみると、元女子アナウンサーの宮島咲良さんは、その美しい見た目に反して残念ポイントが多く、ギャップが激しいということがわかりました。

 「宮島咲良 ギャップ」についてまとめましたのでご紹介します!

宮島咲良のプロフィール

宮島桜さんは、1983年11月9日生まれです。2019年時点では36歳になります。東京都江戸川区の出身です。

高校は、東京都立両国高等学校を卒業しています。

実は、高校生から大学を卒業する時まで、ファッション誌の読者モデルとして芸能活動をしていました。

その流れで、2006年にはウェザーニュースのお天気キャスターもう勤めていました。

大学は共立女子大学に進学。

卒業後2007年4月に、九州朝日放送と言う会社にアナウンサーとして入社しました。

KBC九州朝日放送を退職しました。

退職後は、実家のある東京都に戻り、タレントとしてワタナベエンターテイメントに所属しました。

週刊プレイボーイでグラビアデビューしたり、舞台、歌手など、活躍のフィールドを広げています。

宮島咲良のギャップ①スーパー戦隊モノの真正オタク

宮島咲良さんは、大のスーパー戦隊モノ好きであり、特定のスーパー戦隊ものが好きなのではなく、すべてのスーパー戦隊が好きだと言うことです。

ただ1番好きなスーパー戦隊は、秘密戦隊ゴレンジャーで、なんと赤レンジャーのフィギアを普段から持ち歩いていると言う筋金入りのオタクなのです。

宮島咲良さんの自宅の部屋は、戦隊物の漫画やフィギア、戦隊グッズでうめつくされています。

自分が風邪をひいている日は逆にフィギュアを持ち出さないと言うポリシーを持っているほど戦隊ものに心酔しています。

宮島咲良のギャップ②部屋が汚い

スーパー戦隊もののグッズなどを際限なく買ってしまう癖があるため、部屋は汚くなりがちのようです。

2016年6月に放送された『直撃!コロシアム!!ズバッと!TV』では宮島咲良さんの部屋が公開されましたが、

物と洋服で散らかっていたようです。

非常にきれいな女性なので、部屋が散らかっているのというのはなかなかのギャップですね。

宮島咲良のギャップ③実家から離れたくない

宮島咲良さんは、非常にご家族と仲が良く実家から離れがたいと言う子供ギャップの1つです。
もともと女子アナウンサーでしたが、アナウンサーだった当時は、上司と相性が悪くとても苦しい日々を送っていたようです。
そのうえ実家が好きなので、九州朝日放送を退職した後は実家に戻り、なかなか実家を出ることができないそうです。

宮島咲良のギャップ④スキップが苦手

さらに宮島咲良さんは、運動音痴としても知られています。

非常にきれいな女性でモデル経験も長い人ではありますが、スキップができないほど運動が苦手のようです。

大学では文学部でしたし、戦隊物が大好きなオタク気質なので、アクティブに活動するよりインドア派なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です