リーガルV|6話の見逃し動画無料視聴の方法!DailyやPandoraは危険?ネタバレ,評価感想も

リーガルV(テレビ朝日)の第6話の見逃し配信動画を視聴する方法をお伝え!

Daily Motion やPandoraTV の危険性や、あらすじ・ネタバレ・視聴者の感想評価も紹介しています。

米倉涼子さんをはじめ、演技派のキャストの面々を迎え、素敵なロケ地で撮影が進む人気ドラマです。

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

リーガルV 6話 見逃し配信動画を無料フル視聴する方法

【放送から1週間まで】テレ朝動画で見逃し動画が配信

リーガルVの6話は、放送から1週間はテレビ朝日の公式動画配信サービスである「テレ朝動画」で見逃し動画がフルで配信されます。

配信はその回の放送から1週後の次話放送前までです。

つまり、テレ朝動画では11月22日の6話放送後から11月29日の7話放送前までの配信になります。

無料で見られるので大変ありがたいですが、デメリットもあります。

  • 見逃し配信動画の視聴中、定期的に広告CM動画が入る(視聴必須)
  • 動画が重く、モッサリしている場合があるので視聴していてストレスを感じることも
  • 一週間後(次話放送前)で配信は終了する

無料のサービスなので広告が入ったり、動作が重くなることがあるのは仕方ないですね。

無料で見られることをありがたく思いましょう(^^;

しかし、上記のデメリットを解消する方法があるのです。

それを次の項目で説明します。

【放送から1週間以降】ビデオパスの見逃し配信動画が一番お得

リーガルV第4話は、その回の放送から一週間後の次話の放送が開始されると「テレ朝動画」での無料配信が終了します。

その後は、「ビデオパス」「dTV」「ビデオパス」の3つの動画配信サービスで配信が開始します。

それ以外のサービスでは配信はありません。

ではどれがいいのかというと、リーガルVの場合「ビデオパス」が最もお得です。

月額料金無料期間

リーガルVの視聴追加料金(1話につき)

合計

ビデオパス562円

初回31日間無料=0円

0円0円
dTV500円

初回31日間無料=0円

300円300円
ビデオマーケット500円

初月無料=0円

324円324円

ビデオパス、dTV、ビデオマーケットともに、初回は月額料金無料というサービスをしています。

ビデオパスとdTVは31日間無料です。

ビデオマーケットは初月無料ですので、翌月になったら(日数に関係なく)課金されます。

 

ビデオパスはリーガルVを見るのに追加料金や追加ポイントを必要としません。

しかし、dTVとビデオマーケットは追加料金やポイントが必要になります。

初めにポイントが付与されるものの、1話分を視聴するだけのポイントしかもらえないので、

他の回を視聴したい場合は、月額料金の無料期間であっても追加料金が発生してしまうのです。

だからリーガルVの見逃し配信動画視聴ではビデオパスが一番お得なんですね。

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

ビデオパスに何かあやしいところがあるというわけではありません。

dTV、ビデオマーケットと比較して、ビデオパスは人気ドラマ「リーガルV」の料金で差別化を図ってきたということです。

これはビデオパスを利用しない理由はありません!

ビデオパスはKDDIの公式動画配信サービスですが、auユーザーでなくても誰でも問題なく利用することができます。

先にお伝えしたように、月額料金は562円です。しかし、初回登録の31日間はこの562円が無料になります。

解約にかかる違約金はないので、試してみて使わないと思ったら31日以内の解約であればお金はかかりません。

ビデオパスでは最新ドラマも、バラエティも、映画も、1ヶ月では見切れないほどのコンテンツが配信されています。

映画を一度見に行くだけで1500円くらいかかってしまうのに、大量の作品を562円で利用できてしまうこと自体すごいですよね?

しかも、初回31日はそれを無料で利用できてお試しできるのですから、ビデオパスは本当におすすめです。

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

動画共有サイト(Dailymotion・PandoraTV・miomioなど)で視聴できる?

リーガルVの見逃し動画を、動画共有サイトでドラマの見逃し配信動画を視聴しようとする人がいますが、

これにはかなりのリスクがありますので、絶対におすすめできません。

動画共有サイトのデメリット

  • お目当ての動画があるかどうか探す手間と時間がかかり面倒
  • 仮に見つけてもフル動画だとは限らない(そうでないものが多い)
  • ウィルスに感染する恐れのある広告が出る場合がある
  • そもそも違法

いくらドラマの見逃し配信動画を見たいからと言って、これだけのリスクを負う必要はありません。

ビデオパスであれば、

  • 31日間無料で利用できる
  • お目当てのドラマのフル動画が確実に視聴できる
  • テレビ朝日と正式に業務提携しているサービスなので安心・安全

といったメリットがあるので、普通に考えてビデオパスを利用するのがおすすめです!

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

リーガルV 6話 あらすじ

 「京極法律事務所」に不動産トラブルを抱えた男性・塩見一郎(矢部太郎)が相談に訪れた。

婚約者に超お得だと言われ、3000万円一括払いで土地を購入したものの、後から陽当たりが悪くて騒音もひどい土地だったことが判明。

だが、土地はすでに引き渡し済みで、契約解除は不可能…。しかも、名義人が婚約者であるため、塩見が仲介業者を訴えることも厳しい状況だ。そこで、元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)はすぐ婚約者に連絡するよう、塩見に指示。

ところがいざ連絡を試みると、婚約者の携帯も勤務先の番号も現在使われておらず…!

 これは結婚詐欺に違いない――そう確信する翔子たち。よくよく問い質せば、塩見は相田栞(東ちづる)が代表を務める高級婚活相談所「ローズブライダル」に、30万円も支払って入会。婚約者を紹介してもらったのだという。

さらに、ここに来てとんでもない事実も発覚する。つい先日、「京極法律事務所」のパラリーガル・馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手・藤原夏純(逢沢りな)と、塩見の婚約者が同一人物だったのだ!

しかも、馬場も例に漏れず、夏純に大金を注ぎ込んでいたらしい。

 翔子らは夏純を訴えようと立ち上がるが、唯一の情報源である「ローズブライダル」は個人情報の提供を拒否。そこで、「京極法律事務所」のパラリーガル・伊藤理恵(安達祐実)が婚活中を装い、潜入捜査を試みることに…。

巡り巡って、翔子らは夏純との接触に漕ぎつけるが、相手は想像以上にふてぶてしくて用意周到! 翔子たちは彼女をやり込めるつもりが、逆に窮地に追い込まれてしまい…!?

 その頃、「京極法律事務所」の弁護士・青島圭太(林遣都)は、翔子が以前弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と面会するのだが…!

リーガルV 6話 展開予想・ネタバレ

パンダのママさん 女性 40代 主婦

リーガルVの第6話では結婚詐欺が扱われるようですね。
結婚詐欺は現実でも本当に酷い犯罪だと思うので、容赦なく、結婚詐欺をしている人を追い詰めて欲しいと思います。

結婚詐欺はお金をだまし取ることも酷いことですが、さらに、愛情や信頼を裏切り心までずたずたにするという犯罪で例えお金が戻ったとしても、被害者の心はすぐには元気になることはできないことですよね。
リーガルVの第6話では、結婚詐欺をする人を徹底的にやっつけて、このドラマを見て、結婚詐欺をしようなんて思う人がいなくなればいいなあと思います。

それから、金品をおねだりする恋人は要注意であるということを一般の人がリーガルVの第6話を見て気づいてくれたら世の中も少しはましになるかもと思います。

結婚詐欺師の女を会員にしている高級婚活相談所も裏の顔があるのではないかと期待しています。
高級婚活相談所を運営している社長を演じる東ちづると米倉涼子演じる小鳥遊翔子の女の戦いも期待しています。

それから、小鳥遊翔子がポチと呼んで手下としてこき使っている弁護士の青島が正義感溢れる演技でドラマの中で活躍しているのを見るのも毎回楽しみです。
世の中の弁護士さんがみんな彼のように正義を求めてくれたらと思います。
彼の誠実さも第6話でまた見ることができることを期待しています。

道子 女性 50代 主婦

青島と翔子が男女の関係になるのかと期待もありましたが、翔子が青島に絶対に負けられない戦いとは、どんな事件の内容が隠されているのか気になります。

リーガルV第6話は情けない男性が不動産トラブルで3000万円貢いで騙されたのか、京極事務所に相談にくるが結婚詐欺にあったようです。
高級婚活相談所が関わっているようで、京極法律事務所の仲間たちがの潜入捜査がどんな真相を暴いていくのか楽しみです。伊藤理恵(安達由実)が扮装で潜入捜査をして行くのかも気になります。

翔子が弁護士バッチをつけている姿はもしかして弁護士に戻れたのか、それとも潜入捜査のための姿でしょうか。天馬事務所も関わることになり見どころとなると思います。翔子が青島に依頼された事件はこの事件と関わっているような気がします。

リーガルV弁護士第6話、弁護士のドラマですが翔子が弁護士資格もないが、京極事務所の仲間たちのおかげで事件を解決することになるはずです。
どんな正義が待っている内容になっているのか楽しみです。

グッチー 男性 40代 会社員

リーガルV第6話、いよいよ中盤から後半に差し掛かっていき話もどんどん盛り上がっていくことでしょう。第5話の最後に小鳥遊が青島に話した負けられない裁判が第6話にかかっていくのでしょうか。写真の男が小鳥遊とどう関係しているのか気になる所です。以前別の事件で関わったのか、小鳥遊の知り合いなのか、今のところでは分かりません。小鳥遊が弁護士資格を失った原因となる事件なのか、色々想像できて面白いです。第5話では海崎を初めとしたFelix&Temmaの面々が登場しなかったので少し物足りなさがありましたが第6話はまた登場するのでまた面白くなりそうです。特に海崎と小鳥遊とは過去ただならぬ関係だった雰囲気を匂わせていたので、その真相のほども気になる所、さらに海崎を慕ってそうな白鳥を含め面白い関係性になるのではないでしょうか。まさか青島が恋愛関係に…なんてのは考え過ぎでしょうか。ともあれリーガルV次週も楽しみになってきました。

スナフキン 男性 50代 会社員

リーガルV第6話ですが、まず小鳥遊が青島に頼んだ弁護の件がどう進むのかが見どころのひとつです。どんな事件で、どんな弁護方針になるのか、それと小鳥遊がどうかかわっているのか、興味深いところです。おそらくは彼女が懲戒を受け、弁護士資格を失ったことと関係があるのでしょうが、リーガルV5話で大鷹が暴力団がらみと漏らしていたので、組織犯罪がらみかもしれませんね。
さてこの第6話のメインは、予告編によると不動産トラブルから発覚した結婚詐欺事件のようです。どうやら事務所スタッフの馬場(荒川良々)も騙されていた女のようですし、伊藤(安達祐実)が潜入して活躍するようです。なかなかメインで大活躍するシーンが少ない二人だけに、是非とも存分に働いて欲しいところです。特に伊藤はこれまで事務所内のシーンが多かったので、実はいろいろとハイスペックな彼女らしさを見せてくれることを期待しています。
またライバルとも敵ともいえる天馬(小日向文世)らとの絡みも楽しみです。

レモン 女性 20代 その他

リーガルV第6話は、結婚相談所で結婚詐欺の被害を受けた男性がどうなってしまうのかとても楽しみです。婚約者に良い土地があるからと言われて購入したとkろおが全くいいところとは言うことができないような場所だったことと、その婚約者と連絡が取れない男性がどうなるのかとても気になってしまいました。さらに、ストーカーでお馴染みの馬場もその女性に貢いでしまっていることが判明してしまうためとても気になる内容だと感じてしまいました。二人の男性を騙すことができた女性はすごく手強いと思うので、どやって結婚詐欺を認めることができるのか、とても見どころだと感じました。婚約者の女性をやっと探し出すことができたと思ってもとても手強い相手で、全く悪いと思っていないような、全く反省していない姿が見受けられるので、どうするのかとても気になるところだと感じました。二人の男性を救うことができるのか、小鳥遊翔子に期待しているリーガルV第6話です。

ゼット 男性 40代 フリーター

続いてのリーガルVの第6話は、この所暇だった京極法律事務所に三千万円も一人の女性に貢いでしまった?モテない男が、相談に訪れて来てどうやら会社ぐるみでの結婚詐欺ではないかと、翔子が考えてその結婚相談を扱う会社に京極法律事務所の何人かで、相談者の振りをして潜入捜査をする事になったのだが…。そんな展開がリーガルVの第6話では予想されますが、更にその他に第6話で期待しているのは、5話では出て来なかったFlelix&Temma法律事務所の天馬壮一郎と翔子が、遂に対決するシーンがチラリと予告編で流れていたので、その展開が楽しみです。5話のラストに翔子が、青島に守屋という男の殺人事件の弁護を依頼していた案件と、何かしらの関係があっての事で対決シーンへと繋がっていくのかと予想しているのですが、翔子の理由ありな顔を見たら、弁護士資格が剥奪された出来事にも繋がっていそうで、あれこれと考えてしまい今からその謎が少しでも明かされる事にも期待しています。

すまりん 女性 50代 主婦

リーガルV第5話では、京極法律事務所と検察側との公判に話が終始していたが、第6話では、また高梨弁護士の所属するFelix & Temma法律事務所との戦いに期待できそうだ。第5話で、過去の裁判の控訴審に勝った青島を部屋に呼んで殺人事件の弁護を頼む小鳥遊翔子は、きっと青島のことを少しずつ評価しているのだろう。翔子の口ぐせである「現場100回」が、青島や他のパラリーガルたちにも浸透しつつあり、第6話でも彼らそれぞれの特性を活かした働きが期待できそうだと思う。
予告を見ると、もうひとつの案件として、結婚詐欺事も抱えるようだが、こちらのほうは、どうやら元銀行員でパラリーガルの伊藤理恵が担当となるみたいだ。彼女は銀行で働いていただけあって、パソコンが得意で、検索能力にも優れているから、翔子や京極法律事務所の弁護士たちの助けとなることだろう。
リーガルVというタイトルのVはvictory(勝利)の頭文字であるから、必ず「法律的に勝つ」ことに期待している。翔子の「弁護士資格もってないので」などの決まり文句も、「私失敗しないので」を彷彿とさせるので、毎回クスッと心をくすぐられる。

さつまいも 女性 30代 主婦

リーガルV(第6話)は、矢部太郎さんが不動産トラブルにあうようです。
矢部さんの演技を見れるとあって、いまから楽しみです。
あのいつもおどおどした態度の矢部さんが、いったいどんな演技を見せてくれるのでしょうか。
めちゃくちゃ演技が上手でも笑ってしまいそうで、早く次回のリーガルV(第6話)を見てみたいです。
そして第5話の終わりで、翔子が圭太に言っていた弁護。
以前翔子が扱っていた裁判の内容ですが、今は弁護士資格を持たない翔子。
あんなに真剣な顔で圭太に言い寄っていました。
よっぽどの事件だと思います。
でも圭太なら大丈夫です。
翔子も信頼できるからこそ圭太に頼んだはず。京極や、大鷹に頼まずに圭太に依頼した翔子。
もしかしたら翔子は圭太に少し気があるのでしょうか?
圭太は翔子に少し好意を寄せているように感じます。
翔子の言っていた事件も気になりますし、矢部さんの不動産の裁判の行方も気になります。
次回のリーガルVも絶対見ないといけないです。

nonちゃん 女性 20代 主婦

リーガルV第6話は、結婚詐欺3000万円貢いだ男ということで潜入捜査を行なうというという内容だ。
近年、結婚詐欺で騙される男性が多いのでこういった話はとても需要がある内容だと思いました。
結婚詐欺だけではなく、自宅に警察官だと名乗って押し掛けて来る人、布団を売りつけてくる人様々な場面で詐欺にあいやすくなっています。
年齢が若くても高齢者でも、上手いこと行くかもしれないと思って騙される人も中にはいると思う。
リーガルV第6話をみて、どういう人が詐欺に会いやすいのか、どういった状況で相手から騙されているのかが分かれば少しではありますが世の中の詐欺が減っていくのではないかと思います。また、リーガルVは、米倉涼子が弁護士資格が無いのにも関わらず周りの弁護士、元警察官、ストーカーなどを巧みに誘導し捜査をするといった事もとても楽しく見ております。
米倉涼子が周りの人間たちを大きくて成長させていっている所が見ている側に勇気をもらいます。

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

リーガルV 6話 感想・評価

micoco 女性 20代 主婦

リーガルV第6話は、結婚相談所の詐欺案件。
悪条件の土地を法外な値段で購入した男性が、京極法律事務所に相談に来る。
高橋英樹演じる京極代表が、不動産の資格ももっていて驚き。京極代表の保有資格は、リーガルVを見る際の密かな楽しみになりつつある。
土地の名義人である交際女性と連絡がつかず、知り合った結婚相談所へ安達祐実演じるパラリーガルの伊藤理恵が潜入調査を開始。
婚活の気合の入れ具合が分かりやすく笑ってしまった。しかし安達祐実、いくつになっても可愛い。
潜入調査をきっかけに、交際女性がサクラだったこと、土地を扱った不動産屋やレストランなどもグルであることが発覚。
結婚相談所を訴えるが、結婚相談所側弁護は、敵対している大手のFelix & Temma法律事務所だった。代表の天馬壮一郎は、秘書に命じて米倉涼子演じる小鳥遊翔子が非弁行為をしている、と週刊誌の記事にさせる。
訴訟に勝つため、三浦翔平演じる茅野明がサクラ女性たちから証言をとるも、違法行為をしたとして証拠とならず、原告の請求は棄却となる。
これを受け、週刊誌の記事をきっかけに集まったメディアに訴えかける小鳥遊翔子。まだこの結婚相談所案件は続くようだ。
第6話のラスト、天馬弁護士はなにか画策している様子。勝村政信演じるヤメ検こと大鷹高志もFelix & Temma法律事務所の黒い噂を聞いていたが、今後明らかになっていくだろう。ますます楽しみである。

ミルククッキー 女性 40代 主婦

「リーガルV」第6話は架空のお話とは思えないような内容でした。
結婚願望がある男女の心を利用して、巧みにお金儲けをしている詐欺グループに米倉涼子演じる元弁護士の小鳥遊翔子率いる京極法律事務所が立ち向かうことになります。
第6話でも高橋英樹さん演じる弁護士事務所所長の京極さんは不動産関係の資格を持っていることがわかるのですが、一体いくつの資格をもっているのだろうかとすごくきになるところです。

「リーガルV」の第6話では勝村政信さん演じる大鷹弁護士はあまり活躍の場がなかったのですが、米倉涼子さんの周りでやいのやいの言っている姿はなんだか見ているこっちが安心します。
これからもいろいろはちゃめちゃな小鳥遊翔子や事務所の職員にところどころツッコミを入れて欲しいです。

今回は、ただ結婚をして幸せになりたいと思っている善良な人からお金を巻き上げる詐欺師は本当に許せないという思いを強く感じました。
結婚相談所で結婚を餌にして、いろいろセミナーを受けさせて、お金を巻き上げたり、結婚すると見せかけて男性会員から高い買い物をいっぱいしてもらうような詐欺師の女性も本当に嫌だなあと思いました。

ところが、今回の結婚詐欺グループのような結婚相談所を相手どった裁判ではなんと京極事務所側敗北します。
2審は次回に持ち越しとなりました。
リーガルVは裁判に勝ってすっきりとできるドラマだったので、今回は消化不良という気持ちになってしまいましたが、来週が更に待ち遠しく感じてもいます。

リリーがる 女性 30代 その他

リーガルV第6話は、馬場が夏純と呼んでいる女性を尾行しているところを、警察に怪しまれ、間もなく失恋する場面から始まります。馬場を演じる荒川さんは面白いキャラというイメージがあるので、見ていると切ない話だけど、面白みがあるように見えてしまう気がしました。
その頃、青島が不動産関係のことで相談に乗っていた塩見という男性が、騒音がひどくて府あたりも悪い立地をなぜ買ったのかという話になったとき、婚約者が欲しいと言ったので3000万で購入したことを話すと、不動産関係に詳しい高橋英樹さんが演じる京極は、結婚詐欺ではないかと言います。
そこで、米倉涼子さん演じる小鳥遊が乗り込もうとしますが、勝村政信さん演じる大鷹に弁護士資格がないだろうと突っ込まれます。
ドクターX時代から共演している二人は、リーガルV第6話では一層凸凹な面白いコンビに見えました。なんだかんだで、大鷹は京極事務所に拾われたかったのかなと思いました。
塩見の話を聞いていると、その婚約者は馬場が降られた相手と同じ人で、ホストの茅野はいろいろな男性に貢がせるよくあるパターンだと言います。伊藤は塩見が登録していた結婚相談所に登録し、捜査兼お見合いを始めます。
ところが、伊藤が目をつけていた野村という男性は夏純に貢いでおり、馬場ともに一層捜査に力を入れようとします。
事務所内のメンバーが1話と比べると一層結束力が強くなったと思いました。
一方、青島は前回小鳥遊から依頼された、元弁護をしていた青年を訪ねますが、心を開こうとせず、塩見の裁判も海崎達が相手側の弁護に立つというので、すごい戦いになりそうだと小鳥遊は言います。
小鳥遊が、天馬の事務所に乗り込もうとしている時、裏切られる前のことを思い出している場面を見ると、小鳥遊は正義を貫こうとしたのに資格を失ったんだなと思えてきました。
夏純が結婚相談所と組んでいることや、相談所の会長がうまくいかないとセミナーを進めてきてお金を取ろうとしてくるところは、見ていて本当にこういうことがあるんだろうなとハラハラしました。
ところが、裁判では不利な方向へ行きそうになり、海崎達もまた、結婚相談所と絡んでいるのかなと思いました。

d-moon 男性 40代 その他

リーガルV第6話は、
米倉涼子さんが演じる元弁護士が管理人を勤め
高橋英樹さんが演じるペーパー弁護士が代表の
京極弁護士事務所に見るからに気が弱そうな中年の
男性が不動産の相談にやって来る。相談内容は、
母親から結婚を急かせられて、高額な値段を取る
婚活相談所に一セミナー代50万円を複数半ば強制的に
受けさせられ、終いには紹介された女性から唆されれ
粗悪で手狭な更地を確認もせずに父親の遺産と母親の
貯金を使って高額購入してしまった。
その購入した不動産を解約できないかを相談しに来た
気弱な中年男性を演じるのは矢部太郎さんだ。
矢部さんと言えば、自身が描いた漫画「大家さんと僕」が
大ヒットし、それなりに懐が潤ってしている人だ。
大家で大儲けした人が家が一軒も建ってない土地を
買わせられ大損するという真逆な役どころが非常に面白い。
その婚活相談所の代表役が東ちづるさん、
騙して土地を買わせる女性役が逢沢りなさん、と
どちらとも過去にて性格の悪い役を演じているが
普段のイメージと違うから解っていても何とも言えない
きぶんになる。でもそれが役者なんだろうな、と思った。
その相談内容を聴いた勝村政信さんが演じるヤメ検弁護士を
はじめとする弁護士事務所が婚活相談所を相手に
詐欺を民事として訴える事に、裁判では有利な証拠を
提示したが相手の弁護士に、その証拠は不当に取得した事を
指摘され判決は相手にお咎め無しで裁判費用を支払う事に
それに納得がいかない元弁護士がリベンジに、というのが
リーガルV第6話です。

桜吹雪 女性 40代 主婦

昨日、リーガルVの第6話を視聴しました。リーガルVは、主役の小鳥遊翔子(米倉涼子)が弁護士資格がない(はく奪された)という設定で、それでもあらゆる手段で裁判に関わっていくところが面白いです。結婚詐欺にあった塩見一郎(矢部太郎)が小鳥遊翔子(米倉涼子)が管理人で、京極雅彦(高橋英樹)が所長を務め、大鷹高志(勝村政信)や青島圭太(林遣都)という所属弁護士のいる「京極法律事務所」に相談にきて、裁判へと進んでいくというストーリーでした。矢部さんにぴったりな役どころでした。塩見は高額な会費で有名な結婚相談所「ローズブライダル」で知り合った女性・藤原夏純と婚約していて(本人の勘違いで騙されていた)、その女性が進める劣悪な土地を買わされました。亡くなった父の退職金などかき集めて、3000万円で買ったその土地はせいぜい500万円の価値。また、藤原夏純は京極法律事務所のパラリーガル馬場雄一(荒川良々)が失恋した相手で、馬場も大金をつぎ込んでしまっていた。藤原はキャバ嬢で、ローズブライダルのさくらだった。もう一人のパラリーガル伊藤理恵(安達祐実)が潜入捜査して、そのローズブライダル自体が詐欺を横行していたことが分かった。裁判では、こちらが有利のはずが、ローズブライダルの代表相田栞(東ちづる)の黒幕の男がFelix&TEMMA法律事務所の天馬に掛け合い、所属弁護士で小鳥遊の元恋人である海崎勇人(向井理)の汚い手口で負けてしまう。海崎には正義感はないのかとイラついてしまった。この第6話では負けてしまったが、次につながる終わり方でわくわくします。

とくこ 女性 40代 主婦

リーガルV第6話はいつも事務所にいる安達祐実が潜入捜査。
最近の安達祐実は路線変更というか、子役出身と言ってもそういう年頃のせいか、母親役が多いような印象ですが、今回は真面目な堅物キャラ。
潜入捜査では自身の婚活を兼ねていて、気合い入りまくりという設定でしたが、もっと大変身してインパクトがあってもよかったような気がします。
定番の地味なスーツから、花柄のワンピースに変えた程度では、私服に着替えた程度にしか感じませんでした。
一方、米倉涼子はネグリジェやインナーにも見えそうなシャツに羽織ものといったラフだけど、おしゃれな服装で事務所にいますが、裁判所に来る時は色やデザインがはっきりしたファッションで登場します。
安達祐実も潜入先のローズブライダルに行く時はこのくらいの派手さがあったら面白かったのにと思います。
高橋英樹や勝村政信もリーガルVらしく、珍しく調査していますが、どうしても米倉涼子と絡むとドクターXを思い出してしまいます。
勝村さんとの絡みは楽しいのですが、ドクターXを封じるためには起用すべきではなかったように感じます。
もう第6話となってしまい、サクッと見られるリーガルVもそろそろ大詰めな雰囲気。
事件も次回に持ち越される大きなものになってきて、ますます面白くなりそうです。

椿 女性 20代 学生

「リーガルV」第6話では高橋英樹さんが演じる京極が登場する場面はあまり少なかったのだが、米倉涼子さんが演じる小鳥遊と共に法廷の時、傍聴席に座っているとの印象を強く受けた。京極と小鳥遊が堂々と傍聴席に座っているのは、林遣都さんが演じる青島からすれば安心感が出てくるのでは?と感じた。
「リーガルV」第6話で特に面白かったのは、誰が高級結婚相談所に行くかどうかという話をした時、勝村政信さんが演じる大鷹と京極は年齢の問題て潜入捜査をすることができないというのが浮上した時だった。京極と大鷹は珍しくやる気を出していたにも関わらず、年齢の問題で潜入捜査をするのができないとわかって落ち込んでいるのを見るとかわいそうだと感じてしまった。結局、伊藤が潜入捜査をし、高級結婚相談所にのみ込まれてしまいそうになるというのは安達祐実さんだからこそ自然と演じることができているのだと思った。
結局、海崎によって違法行為の件を指摘され、敗訴になってしまったのは残念だが、そこから立ち直って、控訴をし、集団訴訟をして勝訴に繋げていって欲しいと願いたくなるような展開だった。

momon 女性 20代 その他

リーガルV第6話は、塩見が婚約者に3000万円の土地を買ってあげたあとに、婚約者とは音信不通になってしまったため、米倉涼子演じる小鳥遊翔子や高橋英樹演じる京極や勝村政信演じる大鷹などが結婚詐欺事件だと思い調べることにしたのがとてもおもしろかったです。まさか自分が結婚詐欺にあっていたとは思いもしなかった塩見ですが、塩見が入会していた婚活で知り合った女性に被害を受けたことを知り、小鳥遊がその婚活を仕向けた人に裏の顔があると思い調べることになるのがとてもおもしろくなってきました。塩見が騙された女性の藤原は全く悪気がなくしたと言い、そもそも婚約していないことを言いだしたのですごく驚いてしまいました。婚約者でないことを知ると京極法律事務所のメンバーはすごく驚いてしまっていたのですが、その藤原がさくらなのではと思い調べることで、その悪質な婚活だと知ったことで訴えることを決めたところがとてもおもしろくなってきました。しかし、相手の弁護士が海崎だったため、言いくるめられてしまったのがとても悲しかったリーガルV第6話でした。

nene 女性 20代 その他

リーガルV第6話は、結婚詐欺にあった男性が出したお金を取り返そうとしたところ、その裏で結婚したい人達を食い物にする悪質な婚活相談所のローズブライダルに目を向けて倒そうとする姿に小鳥遊翔子(米倉涼子)がかっこいいと思いました。京極法律事務所のメンバーの京極(高橋英樹)や大鷹(勝村政信)などたくさんのメンバーが協力したことでローズブライダルを追い込むことができたのですが、弁護資格を持っていない人物が活動していたことがばれてしまい判決が下されてしまって負けてしまったのですごく怒った小鳥遊翔子がこれからどうするのかすごく気になりました。そのことに対してすごく怒ってしまった小鳥遊なので、これからどんな手を使うのかとても期待しています。弱者を救うために頑張る京極事務所のメンバーなので、逆転することができるのかとても気になるしと問えも応援しています。リーガルV第6話では負けてしまったのですが、次回逆転することを望んでいるのですごく期待しています。

スナフキン 男性 50代 会社員

リーガルV第6話では結婚詐欺グループとの対決でした。京極法律事務所のスタッフの馬場(荒川良々)と、潜入捜査した筈の伊藤(安達祐実)まで騙されてしまいますが、安達さんは本当に童顔でお若いですね。詐欺グループの娘より全然可愛いと思います。
明々白々な詐欺で、京極(高橋英樹)も大鷹(勝村政信)も勝訴は間違いないと言い、青島(林遣都)も自信満々でしたが、そこまで強調するということは逆の結果がでるのかと思っていると、やはり無罪になりました。完全に天馬(小日向文世)の裏工作でしよう。それにしても小日向さんの芝居は怖い。秘書の胸元に赤ワインを流し込むシーンは、弁護士のパワハラというより、ほとんど猟奇殺人犯という感じでした。
天馬のところに乗り込んだ小鳥遊(米倉涼子)はさすがでした。海崎(向井理)の本当の彼女が誰なのかを見抜いているようです。それにしても海崎は何を考えているのでしょう。単に天馬に盲従しているとは思えないのですが。
このリーガルV第6話での最大の見物は詐欺グループのトップを演じた東ちづるです。高圧的で危ないおばさん役で、いやはや恐いのなんの。すごい迫力でした。かつてのお嫁さんにしたい女優も、この怖さでは嫁にしたくないナンバー1です。

さつまいも 女性 30代 主婦

リーガルV(第6話)では、翔子(米倉涼子)率いる京極(高橋英樹)メンバーは、高級婚活相談所と婚活詐欺の裁判で戦いました。
今回も裁判で戦ったのは圭太。なかなか大鷹(勝村政信)の出番は最近はありません。
リーガルV(第6話)では翔子の以前扱っていた裁判の弁護をする守屋も登場しました。しかし事件の詳細などはまだ明らかとなっていません。
今後、詳しくドラマの中で語られることとなると思います。
今回は1審で、敗訴となった翔子たち。もう少しと言うところでしたが、大きな組織が翔子たちになんだか圧力をかけているような気がします。
それに対抗するために、メディアを使って世間を味方につけて次回戦いを挑む翔子。
記者やテレビ局に裁判所を出た翔子は囲まれましたが、実は翔子が頼んだサクラでした。
使えるものは何でも使う翔子。
1審で負けているので、勝つ見込みがあるのでしょうか。
証拠もあまりない中、いったいどんな方法で裁判に挑むのか。

ポポ 女性 40代 フリーター

リーガルV第6話を見て、最初結婚詐欺をしてるのは女の人だけかと思いきや、調べて行くうちに婚活会社がグルですべてが作られたものだとわかって、びっくりしました。高橋英樹はぎこちないけど頑張ってて、勝村政信は見てて、なんだか弱々しくてちょっとイライラしたりする時があります。米倉涼子が弁護士資格を失ったのははめられたのではないかと思うのですが、ちがうかなー。ポチは頑張ってるんだけどやっぱり今ひとつピリっとしないが、きっと最後にはしっかりするんだろなー。安達祐実が婚活に必死なのがすごく可愛くてなおかついいキャラで今回は見ててよかったです。馬場ちゃんも同じ詐欺にあったり、ストーカーだと勘違いされたりとこれまたいいキャラされてますね。リーガルVで三浦翔平がアキラ君と呼ばれ、ドクター??でも岸部四郎さんが、アキラさんと呼ばれ、これは偶然なのかそのあたりも気になったりしました。リーガルV
第6話を見てまだまだ楽しく見たいと思いました。

あーちゃん 女性 20代 会社員

今回のリーガルV第6話の主なテーマは巨大婚活支援会社の婚活詐欺でした。カラテカの矢部さん演じる被害者は高齢の母親を喜ばせ、安心させたいが故に、結婚にあせります。その結果ローズブライダルという、婚活支援会社に入会し、多額のお金をむしり取られ、本来は喜ばせたかったはずの母親のお金までむしり取られる結果になってしまいます。その被害の相談を、高橋英樹さん演じる京極弁護士の京極法律事務所にしに来ます。なんとかその悔しさを晴らすためにも、京極法律事務所のメンバーは動きますが、相手側の被告人の巨大な圧力により、黒が白の状況になってしまい、原告の要求が棄却されてしまいます。次回以降どのような展開になっていくのかが気になるところですが、今のところは完全に原告側の要求が通らない状況になってしまっております。次回以降どのような展開になっていくのかが気になるところです。本日のリーガルVは、勝村政信さん演じる大鷹弁護士以外の京極法律事務所のメンバーの過去の経歴と個性が活かされた回になっておりました。
また今回のリーガルV第6話では、その事件と平行して、米倉涼子さん演じる小鳥遊翔子の過去がポチに個別に依頼した案件も少しずつ進んでいきます。今後その案件もどのように進んでいくのか、楽しみです。

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

リーガルV 6話 見逃し動画無料視聴の方法まとめ

リーガルV第6話のネタバレや感想・評価はいかがだったでしょうか?

波乱の展開に次回も見逃せません!

リーガルVの見逃し配信動画は「ビデオパス」で視聴するのが最もお得で、無料で動画を視聴できてしまいます。

ぜひビデオパスの公式サイトをチェックしてみてください!

ビデオパス公式サイト 31日間無料お試しで「リーガルV」を今すぐ視聴!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です