常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018の口コミ,プログラム,過去の事故とは

首都圏から近くアクセスもしやすい常総市で行われる花火大会。茨城県内でも二位の人気を誇りますが、プログラムの充実さからファンが多く一度見てみたい花火大会と言われています。常総きぬ川花火大会のプログラムや口コミ、日程、アクセス、駐車場などをすべてまとめました。

常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018年の日程

・8月11日(土)  18:45~20:40荒天時は12日に順延場所常総市橋本運動公園(鬼怒川河畔)

常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018年のプログラム

・オープニング花火(ナイアガラ富士200m有)・フィナーレ花火・内閣総理大臣賞受賞のミュージックスターマインの打上・花火ミュージアム~至高の世界・美の巨人たち~・日本煙火芸術協会ファイヤーアートコンテスト・スーパースターマインの競演・本の花火ベストセレクション・メッセージ花火・ミュージックスターマイン・新作型物花火プログラム一覧http://www.joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2018/PDF/josohanabi2018program_02.pdf

常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018年の有料席

升席(定員5名) 11000円イス席 3000円ペア席 5000円プレミアムシート(定員2名) ドリンク・駐車場付 12000円

常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018年のアクセス・駐車場

関東鉄道常総線水海道駅から徒歩15分常磐道谷和原ICまたは圏央道常総ICから国道294号線経由で10分駐車場について会場周辺に無料駐車場3,000台(臨時駐車場は有料、1台1,000円)開始の二時間前に到着推奨会場周辺地図http://www.joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2018/PDF/josohanabi2018program_08.pdf

常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018年の穴場スポット

花火観覧地図https://sk-imedia.com/wp-content/uploads/2014/08/kinugawahanabimap.jpg

富岡運動場

 

豊水橋

基本的に対岸まで行ってしまえばゆったり見ることができるようです。

常総きぬ川花火大会(鬼怒川花火大会)2018年の口コミ

・主催者が花火マニアなのか花火のプログラムとても濃厚でいい・交通の便がよく混雑の割に車でそれほど渋滞せずに(駐車場まで)いける・音楽と花火がマッチしていて見応え十分公式ポスターhttp://www.joso.or.jp/img-04/hanabitaikai2018/PDF/josohanabi2018program_01.pdf

まとめ

予想観覧車数が13万人にも上る大きな花火大会です。鬼怒川は北関東を大きく横断しているため鬼怒川周辺で行われる花火大会はいくつかあるのですがその中で最も大きな規模となります。規模だけあり、かなりプログラムがしっかりと宣伝されていて打ち上げ花火ファンには嬉しいプログラムが目白押しです。人気の秘密は花火のみならず同時開催(12:00~)のウォーターフェスです。ミュージックライブとグルメやお酒を楽しめます。その他特設プールも準備されるので、お子様連れの方ももれなく楽しめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です