黒クマを隠すハイライト4選!色は?プチプラ・キャンメイクも

目の下にクマがあると疲れて見えたり、老けて見られたりしがちです。

特に黒いクマは加齢による目元のハリがなくなって影になりできるものが大半と言われているので、なかなか消えないのが悩み…という方も多いのでは?

今回は、そんな手強い黒クマをキレイに隠すハイライトを使ったメイクについて見ていきたいと思います。

黒クマとはどんなもの?

先ほども少し書きましたが、黒クマとは、加齢による目元の筋肉のたるみによってできた影が原因でできるものが大半です。

睡眠不足や血行不良などによりできる通称青クマ、茶クマと違って、なかなかすぐには改善しない頑固なクマが黒クマです。

黒クマを消すには、マッサージやコラーゲンなどの栄養素を注入するなどなど、時間やお金をかければ方法はたくさんありますが、1番手っ取り早いのはやはり普段のメイクで隠すことです。

コンシーラーが最も代表的なクマ隠しメイクかと思いますが、今回はハイライトを使った黒クマ消しメイクについて見ていきたいと思います。

ハイライトの使い方

クマを隠すためのメイクで定番なのはコンシーラーですが、コンシーラーはクマの種類、青クマ、茶クマ、黒クマの種類に合わせてそれぞれ色を変えていくものですが、ハイライトは本来、光の拡散や反射でくすみや黒ずみを飛ばし、顔を明るく見せる役割をしてくれます。
なので、目元に用いれば光の拡散効果でクマを隠すことができます。

ハイライトには大きく分けて「クリームタイプ」と「パウダータイプ」の二種類があります。

「クリームタイプ」はよりクマが目立つ方におすすめです。

肌への密着度が高く、細かい修正にもピッタリです。

チークな境目やクマを隠したコンシーラーの境目にクリームタイプのハイライトを乗せると自然な仕上がりになります。

「パウダータイプ」は、よりナチュラルにクマを馴染ませてくれます。

目の外側に向けて乗せることでクマを自然に馴染ませて散らしてくれます。
目尻にも入れるとより自然な仕上がりになります。

粗めのパールが入ったハイライトは明るいところでのクマを隠してくれるのにとても効果的です。
より上手にクマを隠すには、ハイライトを目の下に指やファンデブラシでトントンと軽く乗せて指で広く伸ばしていきます。

厚塗り感を出さないために、ファンデーションを塗ったあとにスポットで乗せないことがポイントです。

黒クマを隠すハイライトは何色?

黒クマを隠すには、どんな色味のハイライトがオススメなのでしょうか?
黒クマは目元がくぼんだ影が原因なものが大半なので、オレンジや黄色系はくぼみをより目立たせてしまうのでNG。
明るめのピンク系かパール系を選ぶと良いでしょう。

ハイライトの効果は光を拡散する効果なので、明るめの色味でくぼんだ影を光で散らすことで、黒クマを消してくれます。

黒クマを隠すハイライト

黒クマを隠すのにベストなハイライトをいくつか紹介していきたいと思います。

■CANMAKE クリームハイライター

自然なツヤ感と立体感を演出する
クリームタイプのハイライター
微小なパールを豊富に配合し、自然なツヤと立体感を表現。
クリームなのに、軽い塗り心地でサラッとした使用感♪
肌に密着し、立体的なツヤ肌を長時間キープ!

出典:CANMAKE TOKYO

黒クマ隠しにもってこいのクリーム系ハイライトです。
ベージュとホワイトの2色展開ですが、黒クマにはホワイトの方が効果的です。

クリームタイプなので、しっかりと肌に密着してファンデーションのあとに塗っても自然に仕上がります。

■CANMAKE グロウフルールハイライター

各2色 800円+税

とけこむようなツヤで
肌の透明度をUP!させる4色ハイライター
パウダーなのに!?驚きの透明感&密着感。
やわらかなパウダーがとろけるように密着して、粉っぽくならずまるでクリームのような透明感&高発色を実現します。
透け感のある仕上がりを目指したツヤ感とソフトフォーカス効果でふんわりぼかしこみ、素肌の透明感をUP!

こちらはパウダータイプのハイライターです。
きめ細かい粒子のパウダーが粉っぽくならないので、自然な透け感のある肌に仕上げてくれます。

パウダータイプは目元にサッと乗せれば影やくすみをパールラメの輝きでカバーしてくれるので、黒クマの影も散らすのには最適です。

■セザンヌ ハイライトスティック

お肌に密着するクリームタイプの落ちにくいハイライト&シェーディング。
・ロングキープ処方
お肌に密着するクリームタイプ。お肌の上でさらさらになるので
ファンデーション前に仕込んで小顔をキープします。
・なめらかな塗り心地
ヒアルロン酸、コラーゲン、美容保湿オイル(保湿成分)を配合。
乾燥しがちな目元やフェイスラインもスムーズに塗れます。
・お肌の欠点を目立たせない
自然なツヤを与えるハイライトは毛穴を目立ちにくくし、明るいツヤ肌に。
引き締めカラーのシェーディングは小顔効果をもたらします。
無香料・タール系色素不使用・アルコールフリー・紫外線吸収剤不使用

スティックタイプのハイライトです。
スティックタイプは肌への密着度が高く、落ちにくいのが売り。

ファンデーション前に気になるところに乗せて、その上からファンデーションをすると自然にクマを隠してくれます。

■RIMMEL LONDON イルミナイザー

生ツヤパール配合!
白浮きせず、自然にしっとり濡れたようなツヤを与えながらもベタつかずさらっと伸び広がるハイライトクリーム。
● しっとり濡れたような “生ツヤ肌” な仕上がり
生ツヤパール配合で透明感&繊細な輝きをアップします。また板状粉体が肌表面を覆うことで肌の凹凸を 均一にカバーし、光が美しく反射するためしっとり濡れたような繊細なツヤ感を演出します。
● べたつかずさらりとした伸び広がり・あと肌
軽いオイル & スルスルとした板状粉体配合で軽く滑らかに伸び広がります。 また、オイルの配合量を最小限に抑え、べたつきを抑える球状粉体を多く配合しています。 そのため、なめらかで軽い伸び広がり&しっとりするけどべたつかないあと肌を実現しました。
● 長時間ヨレない、テカらない!つけたての美しい仕上がり続く
肌なじみの良いオイル配合で肌にしっかり密着し、球状粉体が皮脂を吸収するため、時間が経ってもつけたての美しい仕上がりが持続します。
● トーンアップ効果
トーンアップパウダー配合で、くすみや色ムラのない明るい肌色に仕上げます。
● 4つのフリー
無香料・アルコール(エチルアルコール)フリー・合成着色料フリー・パラベン(防腐剤)フリー

出典:RIMMEL LONDON

こちらもクリームタイプのハイライトです。
クリームタイプということで、肌への密着度が高く、崩れにくいのが特徴です。

こちらも比較的プチプラコスメで、しっかりクマをカバーできるハイライトです。

黒クマを隠すハイライト まとめ

黒クマを隠すハイライトについてみてきました。コンシーラーほどがっつりクマを隠すという使い方ではないですが、黒クマで暗くなりがちな目元を明るくすることで表情を明るく見せてくれるハイライト。

使い方次第で上手にクマを隠してくれます。
ぜひ、試してみてください。