雨宮正欣(雨宮萌果の父)年齢や年収は?カツラ疑惑の真相は?

雨宮萌花さんの父である、雨宮正欣さんという方をご存知ですか?

法科研究センターで所長を務めている偉い方なのですが、最近一部のネットユーザーの間で

雨宮正欣はカツラなのでは?

という疑惑が浮上しているのです。

当記事では雨宮さんのプロフィールや年収、カツラ疑惑の真相について調べていきます!

雨宮正欣のプロフィール

まずは雨宮さんのプロフィールから見ていきましょう。

プロフィール


名前:雨宮 正欣(あめみや まさよし)


出身地:東京都


職業:法科研究センター所長、学術博士、薬剤師


学歴:星薬科大学薬学部薬学部大学院博士前期課程終了


北里大学医療衛生学部法化学研究室で学術博士取得

雨宮さんは現在法科研究センターの所長として働いていますが、以前は学術博士を取得した北里大学で研究所常勤講師として勤めていました。

その後埼玉県警察本部刑事部の科学捜査研究所乱用薬物科(科捜研)で23年間働いていました。

23年間で約5000件以上覚せい剤や大麻などの乱用薬物の鑑定をされています。

また、法廷での証人尋問も多数経験されたそうです。

そして科捜研退職後は今の職である法科研究センターの所長になりました。

まさに乱用薬物のスペシャリストですね!

雨宮さんは、私たちの平和を守る大事な役目を担ってくれていたのです。

雨宮正欣の年収は?

とても凄い方ということが分かりましたが、雨宮さんの年収がどれくらいなのかますます気になりますよね。

もちろん、実際に公表されているわけではないのであくまでも予想になります。

以前は科捜研で働いていたということなので、まずは科捜研研究員の年収について調べてみました。

科捜研研究員は地方公務員研究職職員というふうに分類されるそうです。

これは地方公務員の上級職にあたるものなのだとか。

そして気になる平均年収は、550万円~600万円のようです。

大変なお仕事ですからもっともらってもいいような気がしますが…

つまり雨宮さんの科捜研時代の年収は約600万円だったということですね。

現在は法科研究センターの所長を務めていますね。

法科研究センターの平均年収は不明でしたが、所長ということで科捜研時代よりは沢山もらっていることでしょう。

そのほかにも講演会やテレビ出演等も行っていますから、雨宮さんの年収は1000万円近く、それ以上なのではないでしょうか!

雨宮正欣はカツラ?

さて、最初にお話しした「雨宮正欣はカツラなのでは?」という疑惑が浮上している件について真実を調べていきましょう。

結論から言ってしまうと、「雨宮正欣はかつらではない」のです。

雨宮さんとお仕事でかかわりのある事件鑑定人をしている方が、自身のブログではっきりと否定しています。

そのブログによると、雨宮さんは仕事柄、髪の毛から薬物等を検出する検証において自分の頭髪を使用しているそうです。

事件鑑定人の方も実際に雨宮さんから髪の毛を頂いたことがあると証言されています。

これは確実に、雨宮さんのカツラ疑惑は晴れましたね!

雨宮正欣(雨宮萌果の父)の?まとめ

雨宮正欣さんは現在法科研究センターの所長として働いており、以前は埼玉県の科捜研に23年間勤めていました。

年収はあくまでも予想ですが1000万を超えるのではないでしょうか。

「カツラではないのか?」という疑惑が浮上していましたが、お仕事柄自分の髪の毛を使用するそうなので確実に地毛だと言えるでしょう!