僕らは奇跡でできている9話の見逃し配信動画を無料視聴!DailyやPandoraは危険?ネタバレ,評価感想も

「僕らは奇跡でできている」の第9話の見逃し配信動画を視聴する方法をお伝えします!

また、Daily Motion やPandoraTV の危険性もご説明していますので是非ご覧ください。

注目のキャストを迎え、素敵なロケ地で撮影が進む人気ドラマです。

僕らは奇跡でできている9話の見逃し配信動画をフル視聴する方法

【放送から1週間まで】FODで見逃し配信動画の視聴方法

僕らは奇跡でできている は、9話まで、フジテレビの公式動画配信サービスであるFOD (フジテレビオンデマンド)で見逃し動画がフルで配信されます。

配信はその回の放送から1週後の次話放送前までです。

無料で見られるので大変ありがたいですが、デメリットもあります。

  • 見逃し配信動画の視聴中、定期的に広告CM動画が入る(視聴必須)
  • 動画が重く、モッサリしている場合があるので視聴していてストレスを感じることも
  • 一週間後(次話放送前)で配信は終了する

無料のサービスなので広告が入ったり、動作が重くなることがあるのは仕方ないですね。

無料で見られることをありがたく思いましょう(^^;

しかし、上記のデメリットを解消する方法があるのです。

それを次の項目で説明します。

【放送から1週間以降】FODプレミアムで見逃し配信動画を視聴する方法

僕らは奇跡でできている 第9話は、その回の放送から一週間後の次話の放送が開始されると「FOD」での無料配信が終了します。

その後は、「FODプレミアム」で動画の配信が開始します。

無料サービスの「FOD」の状態では、見逃し配信動画は1週間で終了しますし、他に見られる動画も限られています。

月額料金を支払うことでFODプレミアム」という上位サービスになり、全サービスが使えるようになります。

フジテレビ系の動画であれば、過去のテレビドラマや映画を視聴できるようになります。

月額料金は888円です。

しかし、初回登録で1ヶ月はこの888円が無料になるのです。

解約にかかる違約金はないので、試してみて使わないと思ったら1ヶ月以内の解約であればお金はかかりません。

FODプレミアムでは最新ドラマも、バラエティも、映画も、1ヶ月では見切れないほどのコンテンツが配信されています。

映画を一度見に行くだけで1500円くらいかかってしまうのに、大量の作品を888円で利用できてしまうこと自体すごいですよね?

しかも、初回1ヶ月はそれを無料で利用でき、お試しできるのですから本当におすすめです。
FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料で「僕らは奇跡でできている」の動画を視聴

【放送から1週間以降】dTVで見逃し配信動画を視聴する方法

僕らは奇跡でできている は、「FODプレミアム」の他に「dTV」でも見逃し動画が配信されます。(放送から1週間後です)

dTVは通信キャリアであるドコモによる動画配信サービスで、ドコモのスマホを利用している人なら馴染み深いかもしれま
せん。

一応、dTVはドコモユーザーでなくても誰でも利用可能ですが、ドコモユーザでない人は別途登録作業が必要になります。

dTVは月額500円(税別)で利用することができます。月額料金はFODプレミアムより安いですが、FODプレミアムに比べるとレンタル作品や追加料金が必要な作品が多い印象です。

⇒dTV公式サイト

FODプレミアムとdTVどちらが良いの?

FODはどんな人におすすめ?

動画配信サービスをはあまり使ったことがなくても、使いやすいので初心者でも安心です。

初心者にはまずFODプレミアムの初月無料を使うことをおすすめします。

 

⇒FODプレミアム公式サイト

dTVはどんな人におすすめ?

ドコモユーザーで、とりあえずドコモ純正の動画配信サービスを使いたい人におすすめです。

 

⇒dTV公式サイト

FODプレミアムにしてもdTVにしても、初回31日間は月額料金が無料になるので、お試し感覚で利用してみるのがおすすめです。

あまり使わなようであれば解約してもお金はかからないですからね。

FODやdTVの楽しさに気づいて継続する人もたくさんいますよ!

FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料で僕らは奇跡でできているの動画を視聴

動画共有サイト(Dailymotion・PandoraTV・miomioなど)で視聴できる?

僕らは奇跡でできている の見逃し動画を、動画共有サイトでドラマの見逃し配信動画を視聴しようとする人がいますが、

これにはかなりのリスクがありますので、絶対ににおすすめできません。

動画共有サイトのデメリット

  • お目当ての動画があるかどうか探す手間と時間がかかり面倒
  • 仮に見つけてもフル動画だとは限らない(そうでないものが多い)
  • ウィルスに感染する恐れのある広告が出る場合がある
  • そもそも違法

いくらドラマの見逃し配信動画を見たいからと言って、これだけのリスクを負う必要はありません。

FODプレミアムやdTVであれば、

  • 1ヶ月無料で利用できる
  • お目当てのドラマのフル動画が確実に視聴できる
  • 正規サービスなので安心・安全

普通に考えてこちらを利用するのがおすすめです!

FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料で僕らは奇跡でできているの動画を視聴

僕らは奇跡でできている第9話のあらすじ

山田(戸田恵子)との生活も日常に戻り、一輝(高橋一生)は水泳を始める。大学でも、鮫島(小林薫)に代講を任されたり、沼袋(児嶋一哉)と言葉を交わしたりするなど、少しずつ周囲との関係を深めていくが、樫野木(要潤)だけはそんな一輝を快く思っていない様子。離れて暮らす娘から元妻に恋人がいることを聞き、いつになく焦りを覚えていたのだ。


一方、進路相談という名目で一輝と2人きりになった琴音(矢作穂香)は、ついに「つきあってほしい」と告白。当然、一輝はその申し出を断るが、ムキになった琴音は、育実(榮倉奈々)のことが好きなのではないかと、一輝を問い詰める。思いもよらない琴音の問いかけに、うまく答えることができない一輝。そして、初めて育実に対する自分の気持ちを考えるものの、結局答えの出ない一輝は、育実に相談。すると育実は、急に一輝を意識し始めて…。


そんな中、部屋にヤモリが現れパニックになった育実は迷った末、一輝に助けを求めることに。部屋にやってきた一輝と2人きりになった育実は…?そして一輝もまた、ある答えにたどり着き、それを育実に伝えようと決意。


同じころ、一輝はひょんなことから樫野木の娘・香澄(矢崎由紗)と顔見知りに。フィールドワークの話を興味深く聞いていたことから、一輝はもっと話を聞かせたいと樫野木に声をかける。元妻の再婚話に動揺する樫野木は、自分が離婚する原因になったフィールドワークについて楽しそうに話す一輝を見て、いら立ちを隠せない。そしてついに感情が爆発し、一輝に強烈な一言を浴びせてしまい…。

僕らは奇跡でできている第9話のネタバレ展開予想

さくらバッグ 女性 40代 主婦

僕らは奇跡でできている第9話では、高橋一生演じる相河は、予告で女子学生に相河に好きだということを言っていたので、どういういきさつでそういう展開になったのか、気になりました。もしかしたら、相河がゼミをやるかどうかについて8話でどう返答したのか描かれていなかったので、やらないことに決めて、それに反論した彼女が相河が好きだからやってほしいと反論し、流れで告白してしまったのかなと予想しました。
そこで、相河は山田さんにそのことを話そうとすると思いますが、仕事のことを家で話す場面が今までになかったので、言うのをやめると思います。そして、榮倉奈々演じる水本に、女性の気持ちがわからないと相談し、水本はその学生に対して、よくある先生と学生の恋愛だろうと思ってほほえましくなると思います。
だけど、8話を見る限りでは、彼氏と別れたと思うので、相河に対してちょっとだけ恋心を抱いてきて、自分は相河が好きなのかと悩むと思いました。
だけど、樫野木が水本を好きだと思うので、相河と張り合おうとしそうです。
僕らは奇跡でできている第9話では、もうすぐ最終回なので、恋愛的な場面が浮き彫りになっていき、山田さんも再婚したりするのかなと思いました。

ドラマ好き 女性 30代 その他

8話の終わりにプールで泳ぐ高橋一生演じる一輝。
僕らは奇跡でできている第9話はこのプールから始まるのか…。
普段の一輝からはプールで泳ぐようなアクティブな人間には見えないので、これも何らかの伏線となっているのか気になるところです。
ゼミを持つかどうか、これも返事の途中で終わっていましたが、ゼミを持つとも考えられるし、自分の思うがままに行動したい一輝なだけに断るのかなとも考えられたり、意外性に溢れたこのドラマでは先を予測するのが難しいです。
一輝と水本先生演じる榮倉奈々との関係も気になるところです。
予告では一輝が「水本先生のことが…」と言っていましたが、普通に「好きです」ではこのドラマらしくない気もしてしまいます。
でも奇跡に奇跡が重なりあって、一輝と水本先生も出会ったわけですし、この二人には上手くいってほしいという気持ちもあったりで、一輝がこの後どんな言葉を発するのか楽しみです。
僕らは奇跡でできている第9話もとても楽しみです。

道子 女性 50代 主婦

「僕らは奇跡でできている」の第9話は高橋一生演じる、相河が榮倉奈々演じる、水本を好きになるきっかけがあるのではないかと思います。水本は第8話では恋人の鳥飼と仲直りしたので、第9話で相河に告白されたらきっと動揺すると思います。水本は相河によって自分が変われたので鳥飼よりも相河を選ぶと思います。水本にも「めぐり会った確率がとても低いため、僕らは奇跡でできている」と言うのではないかと思います。要潤演じる、樫ノ木は第8話で子供と会って、元妻が再婚することを聞いて動揺します。樫ノ木はまだ元妻のことが好きなのではないかと思います。第9話では樫ノ木が離婚した理由を相河に話すと思いますが、以前フィールドワークが離婚の理由だと言っていました。でも、樫ノ木は本当にしたいことはフィールドワークではなく、家族で一緒に暮らすことではないかと思います。相河は樫ノ木にも「元妻に巡り会った確率はとても低くて、僕らは奇跡でできている」と言うと思います。

ローズ 女性 30代 主婦

僕らは奇跡でできている第9話は、ずっと思いを寄せていた琴音(矢作穂香)は一輝(高橋一生)に告白して一輝が振ってしまうため、琴音がどうするのかとても気になりました。そこで琴音が本当は水本先生(榮倉奈々)のことが好きなのではないかと問い詰めるところからおもしろくなってきそうだと思いました。水本先生のことをどう思っているのか考えたこともなかった一輝が水本先生のことを考えるきっかけになったので琴音はとてもナイスだと思いました。一輝は水本先生のことをどう思っているのか、その答えを出すことができるのかとても気になります。水本先生も意識しだしてしまうため、二人の関係がどうなってしまうのかすごく期待している僕らは奇跡でできている第9話です。二人が好き同士になることを期待しているし、一輝が恋人ができることになるのか、すごく気になっているのでとても楽しみにしています。二人が付き合うことができたとすればそれは琴音のおかげだと思うのでとても楽しみです。

ちこ 女性 30代 会社員

僕らは奇跡でできている第9話は、樫野木先生(要潤)の元奥さんが再婚してしまうというのですごく落ち込んでいるため、どうなるのかとても気になります。一輝(高橋一生)は、樫野木先生の娘さんと出会ってフィールドワークの話で盛り上がるというのですが、樫野木先生と奥さんが分かれた理由のフィールドワークの話で盛り上がる一輝だったので樫野木先生がひどいことを一輝に言ってしまうのがとても可哀そうだと思いました。樫野木先生はフィールドワークで何があったのか、この謎が分かる僕らは奇跡でできている第9話だと思うのでとても楽しみです。さらに、水本先生(榮倉奈々)と一輝の二人の関係が変わり始めそうなのですごく楽しみにしています。一輝は水本先生に恋をしているのか、恋心はあるのかすごく期待しているところです。一輝に恋人ができることになるのかすごく楽しみです。水本先生も最初は嫌がっていた一輝に対して最近はすごく優しいし心を許しているのでうまくいくのではと期待しています。

ずがいこつ 女性 40代 主婦

「僕らは奇跡でできている」もいよいよ第9話で終盤です。
もちろん注目されるのは一輝(高橋一生)の恋模様でしょう。学生の青山(矢作穂香)も本気のようですが、さすがに学生相手は無いかなと思います。きっと一輝はゼミを持つことを承諾すると思いますが、青山はそのままゼミ生にということではないでしょうか。
当然、本命は育実(榮倉奈々)となるわけですが、現状ではどちらも好感を持っているという程度に見えます。何かあと一押しないとダメかなあという気もします。ただ逆にこの二人だからこそ、今のままの距離感がいいという感じもあります。無理に近づきすぎないのも悪くないかなと思えます。いずれにせよ二人には二人の距離感があり、恋愛感情も決まった形なんてなくて、お互いがお互いに優しくなれる距離を愛情と呼べるなら、その方が二人には似合っているような気がします。ドラマ的には盛り上がりが欲しいということになりそうではありますが。
いずれにせよ「僕らは奇跡でできている」も第9話ですから、終わりが近づいていて残念です。もっと長くみたい気がします。

たかは 女性 30代 主婦

一輝(高橋一生)と育美(榮倉奈々)の二人の関係が変わり始める僕らは奇跡でできている第9話になっているのでとても楽しみにしています。育美のことを好きなのではと言われてしまったため、育美のことをどんどん考えてしまう一輝と、そのことを聞いてどんどん一輝のことが気になってしまう育美がどうなるのかとても期待しています。さらに、育美の部屋にヤモリが出てしまうため、どうしようか考えた結果一輝に助けを求める姿が見れるのでとても楽しみです。育美の部屋に行くのは初めての一輝なのですごく期待しています。ヤモリを探し出すのは一輝にとってお手の物だと思うので、すごくいい選択だと思いました。二人がどうなるのかすごく気になるので育美と一輝の関係が変わるといいなと思います。ヤモリを怖がって急接近してしまう二人の姿を見ることができそうなのですごく期待していて楽しみな僕らは奇跡でできている第9話になっているのでどうなるのかドキドキです。

スナフキン 男性 50代 会社員

僕らは奇跡でできている第9話は、一輝(高橋一生)と育実(榮倉奈々)の二人の展開がどうなっていくのかがとても気になります。私の予想では二人にくっついてもらいたい、恋人に発展してくれたら嬉しいなぁと思うのですが。第1話から育実は彼氏と金銭感覚の違いで少しすれ違いが生じていて、毎回育実との接点が多くなっているので第9話で二人が恋人になっていくのかどうか、二人の展開に期待しています。第8話で発覚した一輝の本当の母親が山田さんだったと言う事実から、一輝と山田さんの関係も普通の親子としてこれから生活していくのか、はたまた今まで通り山田さんは家政婦として一輝に接していくのか見どころですね。私としては普通の親子として二人は意識せずに過ごしてほしいてすが、どうなっていくのか期待します。僕らは奇跡でできている第9話は、あいかわらず生物に夢中で周りが見えなくなってしまう一輝の様子が日常のように描かれて終わっていくのかなと予想します。

みっちりねk 女性 40代 主婦

僕らは奇跡でできている第9話は、ある日授業終わりに一輝は生徒の琴音からいきなり「女として、結婚の対象として、どう思っていますか?」と質問され、全くそういう事には無頓着な高橋一生さん演じる一輝は、まともな返事も出来ずに帰ってしまう。その頃榮倉奈々さん演じる育実の歯科クリニックにヤモリらしき小動物が出て、一輝に助けを求めてくる。興味津々でやって来た一輝にヤモリらしき小動物に再び驚いた育実は抱きついてしまい、皆に冷やかされてしまう。なぜだか一輝も胸がドキドキするのを感じるが、恋が分からない一輝は体調が悪いと帰ってしまうのだった。その後、琴音から言われた相手をどう思っているかが気になっていた一輝は、たまたま帰り道で育実に出会うと顔を見るなり、一輝が育実の事をどう思っているかについて語り始めると育実もこの間のクリニックの件もあり、意識していたのか慌ててしまうのだった…。等の展開予想が考えられますが、私も二人の関係の行方には最大の関心を持っているので、大きな進展がある事を期待して、次回の僕らは奇跡でできている第9話を見たいと思っています。

tatsumama 女性 40代 主婦

第9話の展開は、予告を観て感じたのは、大学の学生の青山琴音が一輝に告白するところで、まさかまさか、今時の女子大生が一風変わった一輝に惹かれていくとはと思いました。青山琴音は、どちらかと言ったら、こんにゃく屋の息子の新庄くんの方が合ってる気がしていたのでビックリです。でも、予告を観ると、育実と一輝の関係が一歩前に進む感があって楽しみです。僕らは奇跡でできているは、この一風変わった一輝の恋の展開もジワリジワリとやってくれるので期待してます。高橋一生と榮倉奈々ちゃんが並ぶとすこし、兄と妹みたいな感じに見えますが、ドラマだと思うとお似合いに見えてきますね。第9話に期待することは、一輝の恋や樫野木先生の家庭の秘密?がわかることでしょうか。毎回、毎回、本当に暖かくなるような感じの流れで、僕らは奇跡でできているは、ワンシーズンで終わらず、しりーずかしてほしいくらいの素晴らしいドラマだとおもいます。早く来週にならないかな。

ちゃんまるまる 女性 20代 会社員

「僕らは奇跡でできている」第9話は、いよいよ一輝と育実の気持ちが急接近になるんじゃないかな。まだお互いはっきりとは意識していないものの、やっぱり好きなんだと思います。一輝の存在がだんだん周りをいい方向に変えていってますよね。沼袋先生が密かに面白いことをやっていそうですね。次回はさらに笑わせてくれそうです。もっと沼袋先生がはじけるところが見たいです。樫野木先生は前の奥さんがまだ好きなんですかね。あの状況だと復縁は無理なのかな。
一輝が山田さんを、お母さんと呼ぶことはあるのでしょうか。山田さんはすべてを話して一輝に「山田さんから産まれてきて良かった」と言われてもう十分なのかもしれないですね。山田さんと鮫島先生の関係が何か深まるってことはないのかな。鮫島先生の背景がまだ謎なんですけど。
「僕らは奇跡でできている」第9話は一輝の気持ちがどう変化していくのか楽しみです。高橋一生さんと榮倉奈々さんの掛け合いが面白くてまた笑ってしまうと思います。

ゼット 男性 40代 フリーター

今回を受けての「僕らは奇跡でできている」第9話は相河一輝と水本育実の関係が変化するのかどうかというところに焦点が置かれると思います。次回予告では相河一輝が水本育実に対してどのような感情を抱いているのかというナレーションが入っています。ドラマ初回ではウサギとカメとして相容れない関係だった二人が互いに距離を詰めてきました。また、予告には都市文化大学で相河先生の講義をとっている青山琴音が相河先生に恋の進路相談をしているというシーンもあり、それがストーリーにどのように影響していくのか楽しみです。最近、抜いた歯でできた隙間をどうするかという治療の話が全く出てきませんが来週こそ治療にも進展はみられるのでしょうか。ドラマ「僕らは奇跡でできている」は来週でもう第9話ですが、来週はさらに精神的距離が縮まり仲の深まった高橋一生と榮倉奈々の演技が見られることを期待しています。そして、第8話で若干表情が柔らかくなったように感じる沼袋先生からも目が離せません。

みさ 女性 50代 主婦

僕らは奇跡でできている第8話でもう既に最終話のような展開だったので、第9話はどんな話になるのか?山田さんの謎が第8話の一回で解けてしまい、虹一くんのことも解決したし…。予告を見ると、樫野木さんの元奥さんと娘の話と、榮倉奈々演じる水元さんとの恋の話のようですね。学生からの告白は断るでしょうけど、高橋一生演じる一樹が、水元さんへの気持ちを考え始め、第9話のうちに結論が出て伝えるのでしょう。お似合いなので両想いになってほしい気持ちもありますが、2人がラブラブなのは想像つきません(笑)樫野木さんは元奥さんと再会するのか、そこに一樹は絡んでくるのか。新庄は蒟蒻屋を継ぐのか、琴音だけでなく尾崎さんは一樹に対しての想いは伝えるのか?ユーチューバーの正体は沼袋先生なのか(笑)いつも山田さんの話に出てくる”おおかわらさん”は最終話までに登場するのか(笑)謎です。とても気になります。僕らは奇跡でできている第9話、楽しみです!

僕らは奇跡でできている9話 ネタバレ感想

nagawo 男性 10代 学生

12月4日放送の「僕らは奇跡でできている」第9話はとても情報量が多いというか、本当にこれまでの放送と同じ時間なのかと感じるほどに内容の濃い回でした。前半は相河先生の恋愛事情に山田さんが首を突っ込むといういつもの雰囲気で進行しましたが、後半樫野木先生の家族に関する話になり話は急展開を迎えました。ドラマが進行するたびに水本先生と仲が良くなっていくのはほのぼのとしていて癒されました。相河先生のことで思い悩む水本育実を演じる榮倉奈々さんの演技がかわいらしかったです。しかし要潤さん演じる樫野木先生の家族や過去の話題に触れてしまったせいで、相河先生はこれまでの行動等を激しく批難されてしまいます。そのときの相河先生の表情を主演の高橋一生さんはうまく演じていると思いました。研究室を飛び出してしまった後の沼袋先生の悲しげな表情から相河先生との友情を感じました。僕らは奇跡でできているのメインではありませんが、第9話で沼袋先生がユーチューバーであったことが明かされたことに驚かされました。

まみこ 女性 30代 主婦

女子大生の青山さんが高橋一生さんに告白したときはびっくりしました。「僕らは奇跡でできている」第9話にしてついに恋のライバル出演ですね。高橋さん、モテますねー。そろそろちゃんと榮倉さんが好きなことを認めてほしいですけど、サクサク進まずにウダウダしてるところがこのドラマの良いところだと思います。 ヤモリが出て高橋さんを家に呼ぶのはちょっと~って迷ってるけど、やっぱり呼んじゃったり、ゴキブリと聞いて高橋さんに抱きついちゃったりする榮倉奈々さん、かわいかったです! 榮倉さんもかなり高橋さんのことが気になってますね。高橋さん、ちょっと鈍感過ぎますね。 「僕らは奇跡でできている」第9話では、嫌な奴だった要潤さんのプライベートのことも少しずつ明らかになってきました。要潤さんなりの葛藤があるんですね。生きてくことって辛いなぁって思いました。うまくいかなくて身近にいるうらやましい人に八つ当たりしてしまう気持ちわかります。

アカリ 女性 50代 その他

「僕らは奇跡でできている 第9話」では、一輝(高橋一生)と育実(榮倉奈々)の恋の行方が気になりました。 特に、一輝が育実のことをどう思っているのかが分かり、わざわざ朝、彼女を待ち伏せして、気持ちを伝えようとした場面ではいよいよ告白するのかと思いました。 しかし、そこには「好き」という言葉はなく、「面白い」という感想だけでした。 面白いからどうだとか言うのもなく、結局恋愛感情とは違う形で終わってしまいました。 面白いと言われた育実もそれをどう解釈したらよいのか、かなり戸惑っていたようです。 私は「僕らは奇跡でできている 第9話」を観ていて、一輝と付き合う人は大変だと思いました。 おそらく本当の自分を知っている人で、自分のことが好きな人であれば、気持ちに余裕があるので、一輝のことを理解できると思います。 しかし、樫野木先生のようにプライベートが不安定な状態で、仕事も上手くいっていないような状態の時だと、一輝を見ていると余計に腹が立ってきてしまうのだと思いました。

ゼット 男性 40代 フリーター

僕らは奇跡でできている第9話は、先週から高橋一生さん演じる一輝が戸田恵子さん演じる山田さんとの長いわだかまりが解けて、タコを食べられる様になったり水泳を始めたりと、「変わろう」という変化が見られ始めたと感じた第9話でした。そのせいか学生の琴音に告白されたり、榮倉奈々さん演じる育実からも好意を持たれたりと一気に恋ばなムードになった印象も受けました。育実の自宅にヤモリを捕獲しに出かけて来た一輝に思わず背中に抱きついてしまった育実が一輝を意識していたのに、一輝はヤモリを早く逃がしてやりたいと足早に帰ってしまい、あ~~あせっかくの良いムードが~っ、とやはりまだ恋路には疎い一輝にヤキモキして見ていました。でも樫野木に頼まれて娘の香澄と暫く相手をする事になってリスの橋作りや熊の巣ごもりの話し等で、すっかり打ち解けてしまう一輝に子供の様な目線で物事を見ている一輝の純粋さに凄いなと改めて感心させられました。そんな一輝に反感かジェラシーかは分かりませんが、樫野木との揉め事のシーンにはハラハラさせられましたが、すっかり意気消沈してしまった一輝が心配になり、次週での一輝、育実、樫野木との人間関係がどうなるのかが気になってしまった、僕らは奇跡でできている第9話でした。

たかは 女性 30代 主婦

僕らは奇跡でできている第9話では、一輝(高橋一生)が教え子の琴音から付き合って欲しいと言われますがそれはできないと断ります。さらに琴音から育実(榮倉奈々)のことをどう思っているのかと聞かれて一輝は考えたことがないと答えるのでした。琴美は一輝の答えに納得できずに育実の元を訪れます。そしてその気がないなら一輝に近づかないでと言って去って行いきました。育実はそんな琴音を呆然と見つめていました。そんなある日、育実の家にヤモリが出ます。そして育実は一輝に捕まえて欲しいと頼むのでした。ゴキブリが出たと思った育実は驚いて一輝に抱きついてしまい、そのことで一輝は育実のことを意識しだすのでした。そして一輝は育実に自分の正直な思いを伝えようと決意して育実を待ち伏せします。一輝から告白されると思った育実でしたが、一輝から出た言葉は育実のことを面白いと思っているという言葉でした。 僕らは奇跡でできている第9話では一輝の育実への正直な気持ちが明らかになるのでした。

スナフキン 男性 50代 会社員

「僕らは奇跡でできている」の第9話は、いきなり青山が一輝(高橋一生)に告白します。まあ断られるのは当然ですよね。問題は青山が育実(榮倉奈々)に宣戦布告することです。こういう女性の心理って男にはわかりづらい。ただそれで育実も一輝をこれまで以上に意識することになりました。一輝の方も青山や山田(戸田恵子)に突かれて、育実のことを考えるようになり、出した結論は「おもしろい人」でした。その感覚ってよくわかります。「好き」という言葉はちょっと抽象的すぎます。その感情をより具体的に煮詰めていくと案外「おもしろい」っていう言葉に行きつくのは、素晴らしい褒め言葉だなと思います。 終盤になって、ラス前の第9話だけに、話が大きく動きます。樫野木が感情に任せて、一輝を糾弾しました。どんどん悲し気に歪んでいく一輝の表情は、痛々しいくらいでした。樫野木はよくないね。自分のストレスを一輝にぶつけただけ。本当に小さな男だ。そりゃあ離婚もする。鮫島教授を演じる小林薫さんが、彼を注意するシーンの芝居は、目立たないけど、学者らしい少し突き放したような冷徹な感じが、素晴らしいかったです。 さて「僕らは奇跡でできている」も佳境に入り、どうなるのか目が離せません。

nekosan 女性 30代 その他

僕らは奇跡でできている第9話では、高橋一生演じる相河が母親だとわかった戸田恵子演じる山田を「お母さん」、山田は「一樹」と呼ぶことはなく、今まで通り、「山田さん」、「一樹さん」呼んでいたので、二人らしいと思いました。 沼袋も、山田からの差し入れのたこを相河が渡すと、しゃべる回数が増えたので、面白かったです。ゼミも、相河ならやらないだろうなと思っていました。 急遽、鮫島の授業を変わることになり、金魚の話を相河がしますが、フナと金魚が深い関係だったことは、生物に疎い私でも、普通の授業なのに面白いなと感じました。きっと、相河の好きな分野だからで、それがなぜかみんなに楽しいと思わせているのだと思います。 樫野木は様々な面で、自分の出る幕がないので相河に嫉妬しますが、相河に色々干渉しようとするところや肩の力が抜けなくてイライラしているのは、母親みたいだなと感じます。 一方、榮倉奈々演じる水本は、学生の青山から、どうして相河のこんにゃくを受け取らないのに、ピリ辛キュウリは作るのか、相河をもて遊ぶなと言われてしまい、相河のことが気になってしまいます。相河も、山田から水本が好きなのかと聞かれ、好きとは何だろうとか、言葉を考えた人はすごいなと考え、見ているこちらも、そうだなと思いました。 そんな中、水本の家にヤモリが出てしまい、歯医者のスタッフは相河に捕まえてもらうことを提案します。やむをえないことなんだと気持ちを落ち着ける水本ですが、恐くて相河に抱きついてしまい、相河も水本も意識しているところは、これはいい感じだと思いました。 だけど、コーヒーも飲まずに帰る相河は、相河らしくて面白く、つまらなさそうな水本の気持ちもわかる気がしました。 相河は翌日、水本を待ち伏せし、リスみたいなことは勿論、コロコロと表情を変える水本は面白いと告白します。期待していた水本は、どういう意味なのか分からなくなります。 こちらも、告白かなと思って期待しつつも、まったく違うことを相手から言われたことがあるので、水本の気持ちに同感でした。 樫野木は、やっと娘と連絡が取れ、16時に大学で待ち合わせをしますが、仕事が入ってしまったので、戻るまで相河に一緒にいるように頼みます。 娘は相河のクマの話が好きで、別れるときに相河が鳥の声がする道具を渡そうとしますが、樫野木はだめだと断ります。 元妻が、好きなことで食べていこうとする男性と再婚することを知った樫野木は、ガッカリします。再び娘と連絡が取れた樫野木は、妻や娘がフィールドワークをしている自分を好いていたことを聞かされて、離婚の原因だと思っていたので、ショックを受けます。 きっと、樫野木の家族は、生活費とかよりも、好きなことをして生き生きしている樫野木が好きで、養おうと力が入っているところが実は離婚の原因だったのかなと思いました。 虹一は今回出てきませんでしたが、子供相手に楽しそうな相河は子煩悩な気がします。 だけど、娘とまた会いたいと思った相河は、樫野木の怒りに触れてしまって、樫野木は今ま でのイライラを、相河にぶつけ、「もうここに来るな。」と言ってしまいます。 似たようなことを、職場や短大の友人に言われたことがあるので、いくら穏やかな相河でも大学に来れなくなる気持ちがわかる気がしました。 今回、何かが壊れると予告にありましたが、おじいちゃんが倒れるのかなと思っていたので、僕らは奇跡でできている第9話は予想外な展開でした。

丘里リル 女性 40代 主婦

僕らは奇跡でできているの第9話ですが、家政婦の山田は榮倉奈々演じる水本が山田のところに料理を習いに来ているので、高橋一生演じる相河に気があるのではないかと言います。相河は「僕と水本先生はそんな関係ではありません。」と言います。相河はある日、大学にいたら、学生の青山に「進路相談がある」と言われて、告白されます。しかし、相河は青山に「興味ない」と返事します。青山は「水本先生のことをどう思っていますか。」と聞きます。相河は「なんとも思っていません。」と言います。青山は水本のところの歯医者に行き、「相河先生のことをどう思っていますか」と聞かれます。水本は「なんとも思っていません」と答えました。話としてはちょっと強引すぎるような気がいます。 水本はある日、相河に家のヤモリを捕ってくれないかと頼みます。これも強引すぎるような気がします。樫ノ木先生は娘から元妻が再婚することを聞いて、自分の人生が上手くいかないのは相河先生のせいだと言います。僕らは奇跡でできているの過去の話で自分の家庭が壊れたのはフィールドワークだと言っていたので、第9話は元妻はフィールドワークをやっている樫ノ木が好きだと言っていたのですれ違っていたと言うことがわかって納得しました。

ヤモリ 女性 20代 会社員

謎で不思議な相河先生(高橋一生)が水本先生に(榮倉奈々)に対してどう思っているのかずっとわからなかったが出した決断は「面白い」と思っているという感情が芽生えている一方、生徒の青山に対しては「興味がない」とサバサバしている相河先生を見て、「面白い」という感情は「気になっている」と同じ意味だと感じ一種の告白のようにも見えました。感情が芽生えていることが「奇跡」というようにまさしく「僕らは奇跡でできている」と思える第9話でした。また、樫野木先生の離婚の原因だった「フィールドワーク」元妻は好きだったという娘の言葉に、妻は樫野木先生のキラキラした姿を察して離婚したのではと思いました。第9話ではキャストそれぞれの「感情」がとても溢れている内容でした。樫野木先生の相河先生への言葉にはちょっと驚きで可哀想な気持ちになりました。見ている視聴者に対してもたくさんの「感情」を与えてくれる刺激的なドラマです。「僕らは奇跡でできている」というタイトルどおりにたくさんのことに気づかせてくれるとても感動ストーリーでした。

なお 女性 20代 フリーター

僕らは奇跡でできている第9話は、相河先生は(高橋一生)は、水本先生(榮倉奈々)のことを好きではなく、面白いと思っていることがわかる。好きは感情でいうプラス面であり、面白いもプラス面なので、結果的に相河先生は、水本先生のことを好きなんだろうなと思いました。もし、好きでなければ、生徒の青山さん(矢作穂香)に接したようにすると思います。水本先生の家にヤモリが出て、相河先生を呼んで捕まえてもらうシーンが、ほんわかして、可愛かったです。樫野木先生(要潤)は、元嫁が再婚をすること知ってイライラしている。プライドが高い人ということはわかるので、相河先生がみんなから人気なのが気にくわないんだろうなとは思いますが、相河先生に直接想いをぶつけるシーンは、とても心が締め付けられました。相河先生の涙が全てを物語っていて、かわいそうでした。相河先生がこれからどんな道に進むのか気になる、僕らは奇跡でできている第9話でした。

どうくつ 男性 30代 フリーター

最終回目前という事もあって激動の展開が待っていたドラマ「僕らは奇跡でできている」の第9話。相河一輝先生(高橋一生)は水本育美先生(榮倉奈々)に対する自分の気持ちが単純な「好き」なのかどうかがよく分からないみたいですね。他の人達の事が好きかどうか訊ねられたら「好きです」とか「付き合えません」とか即答する人なのですが、育実先生の事となると簡単に答えが出せないようで。今回、一輝先生がしきりに「人の感情について名前を付けた人はとても凄い」といった内容の事を繰り返していましたが、彼の育実先生に対する感情を一言で端的に表す言葉はもしかすると無いのかもしれません。もしくは、存在するけど一輝先生が知らないか、気付いていないのかも? そんな思い悩む一輝先生ですが、そこに樫野木準教授からの八つ当たりがあって大学の研究室からいなくなってしまいました。沼袋講師も秘密にしていた動画投稿がバレちゃって大慌てしていましたし、あの研究室はもうめちゃくちゃですね。先週までは良い空気が流れていたのに、この第9話で一気に崩壊寸前の状況です。これから研究室はいったいどうなってしまうのか? 次回でいよいよ最終回となってしまう「僕らは奇跡でできている」、どうか明るい結末が待っているのを祈っています。

ジーナ 女性 50代 主婦

第9話の僕らは奇跡でできているの始まりは、家政婦の山田さんと変わらない生活から始まる。だけど、ちょっと違うのは、目に見えないけど、一輝の母であっていいと認められた山田さんの中にあるので、どこかしら笑顔が幸せそう。一輝も一輝で、タコが食べられるようになったことで、嬉しそうにお弁当に入ってるタコの唐揚げを食べてる。 一つは良かったけど、今回の僕らは奇跡でできているは、一波乱ある。 山田さんは相変わらず一輝と育美をくっつけたいが、一輝の中の愛情っていうのが少し人と違うのかもしれない。一輝の中で、好きはあるものの、好きは興味を持ったもの。謎なもの。それは面白いものみたいだ。一輝は育美に対して面白いと言う。果たして育美はその意味がわかるのか。 育美と言えばいつも考え悩んでるイメージ。実は、山田さんのところで料理をしている時に、山田さんから一輝の話しをされてるシーンがある。山田さんを見てニッコリする表情が、あー榮倉奈々ちゃんの可愛い笑顔だーって思いました。逆に、高橋一生さんは、一輝そのものなので隙がない。徹底している。 別れた妻の再婚を娘から聞いた樫野木先生は、一輝に苛立っていた。娘の迎えを頼んだりしたのに冷たい態度。フィールドワークの話しを娘から聞いたって一輝が楽しそうに話していると、樫野木先生がキレる。ここから消えてほしいって一言はきつかった!目にいっぱいの涙には、こちらも泣いた。ただ、鮫島教授からの、樫野木先生は、課題をすり替えるところがあると、講義がつまらないとハッキリ言ってくれたことには感謝しかない。鮫島教授は、すべてわかっているのだ。いい!すごくいい!陶芸家のおじいちゃんも、鮫島教授も、あまりしゃべらない沼袋先生も、第9話ですごく大事な役割だったと思います。 傷ついた一輝、大学に行かないよね。ずっと考えて山に行ってしまうけど、いい結果につながってほしいと思いました。

micoco 女性 20代 主婦

僕らは奇跡でできている第9話は、ついに相河先生(高橋一生)と水本先生(榮倉奈々)との関係に進展が!! 始まりは、相河先生の講義を受けている学生・琴音(矢作穂香)からの告白。学生とは付き合えない、と断るものの、相河先生が水本先生を好きだからではないのか、と琴音は問い詰める。 相河先生は、水本先生が好きかどうか考えたことがなかった。この告白を機に考え始める。また、山田さんに料理を習いに来て会った際、水本先生に直接、どう思いますか?と聞いてしまう。私たちが考える“普通”の人であればそんなことはしない。が、相河先生が聞くと可愛いと思いくすっと笑ってしまった。僕らは奇跡でできているワールド全開の会話で、”人の気持ちに名前を付けた人、すごい!”という発言にも感心した。 水本先生も、その質問から相河先生を意識し始める。水本先生宅にヤモリが出て、意識しつつ相河先生に退治を頼む。ついに相河先生が水本先生に告白!?という予告が前回流れたが、相河先生は水本先生を“おもしろいです”と回答。相河先生らしくて素敵なシーンだった。 また、第1話から相河先生が質問していた樫野木先生(要潤)の離婚理由は、フィールドワーク、と樫野木先生自身考えていたが、娘さんの話によるとどうやら違うようだ。第9話にしてようやく核心に触れた。樫野木先生の元奥さんが再婚すると娘さんから聞き、とても焦りイライラしていた樫野木先生が、相河先生に八つ当たりしてしまう。相河先生は深く傷つき、そのまま大学を辞めてしまうかもしれない。楽しそうに抗議をしていたので、次回で大学を辞めないといいと思う。

FODプレミアム公式サイト 初回1ヶ月無料で僕らは奇跡でできているの動画を視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です