【ガッテンで特集】えごま油の効果・食べ方・保存方法!血管若返りの油

今回は「ガッテンで特集」されました「えごま油」について詳しく調べてみました。

みなさんスーパーなどで見かけたことぐらいはあるのではないでしょうか!!

なかなか使ってるというのは聞いたことがないですよね。

そんなえごま油がどれだけ体にいいのかなど書かせていただいていますので

お役に立てたらと思います!!

えごま油の効果

えごま油には5つもの効果があります。

みなさんが抱えている多くの悩みに効果があると言われています!

その効果がどういったものかご紹介いたしましょう。

・免疫力向上効果
・美肌効果
・髪質改善効果
・ダイエット効果
・血管の若返り効果

この5つの効果をもたらしてくれるのがa-リノレン酸と

a-リノレン酸から作られたEPAやDHAなのです。

免疫力向上効果・美肌効果・髪質改善効果は、a-リノレン酸によって代謝が改善され

老廃物が排出しやすくなったことで実感できるものです!!

ダイエット効果は、えごま油を朝のうちに摂取することにより

日中の活動で脂肪燃焼がしやすくなるというものです。

血管の若返り効果は、EPAの働きによるものです!

EPAに欠陥の若返り効果があることは実際に厚生労働省の調査で証明されています。

また、妊婦にも、オメガ3脂肪酸を含んだえごま油が勧められています。

生まれてくる赤ちゃんの肌に良かったり、お母さんにもの「子供をちゃんと育てよう」という母性にも良い影響があるという研究結果があるとガッテンで紹介されていました。

えごま油の食べ方

えごま油の基本的な食べ方がいくつかあります!

1日の適量はたった小さじ1杯分なので、3食のうちのどこかで取り入れることは

とても簡単にできそうです!!

えごま油は、酸化しやすいという特徴もあります。

しかし、「何度以上だと酸化する」という厳密な基準はなく

人肌(=40度程度)を超えると酸化が進む!

70度以下であれば大丈夫など諸説あるようです。

温度だけではなく、太陽の光に当たってしまうと酸化するという説もあるみたいです!!

冷えたものなら大丈夫なので、ジュースや、ビールなどのお酒に入れるのもOK!

温かいものでも、味噌汁やコーヒーくらいの温度であれば飲む直前にえごま油を入れれば参加を防げます

冷暗所で保管し、使うときはなるべく火を通さずに摂取し

開封したら2ヶ月以内には使い切ることをおすすめします!

えごま油で美味しくいただける主な料理

・紫蘇とトマトのサラダ

・切り干し大根きゅうり

・ほんのり甘い玉ねぎマリネ

・豆乳えごまドレッシング

・ミートポテトサラダ

・切干大根とツナのサラダ

といったように何個かあげてみましたが

他にもいろいろな料理に合わせることができると思います!

調べてみるといいでしょう。

えごま油の保存方法

えごま油は他の食用油に比べて、特に酸化しやすい油です。

保存するにはよく注意することが必要です!

光や熱の他に、酸素・水・金属などに触れると酸化が進んでしまう物質があるので

こうしたものと触れないように保存するようにしてください!!

販売元によっては、最初から遮光性の高い箱に入れて保管・発送・販売しているところもあるそうです。

通販で注文した際にも、クール便での発送に対応してくれる店もあります!

品質などが心配という方は、こうした販売店で購入すると安心なのではないでしょうか。

未開封のうちは、高温多湿の場所を避ければ

常温でも問題なく保存できるということです!!

とはいえ、夏場の室温の中に置いておくのは何となく不安です。

ですので、えごま油は出来るだけまとめ買いするのはやめ

その都度購入することが理想的な買い方だと思います!

開封後は酸化が進みますので、冷蔵庫に保存してできるだけ早く

1ヶ月をめどに使い切るようにしてください。

60日を過ぎると、効果はないと考えたほうが良いそうです。

まとめ

今回えごま油について調べさせていただきましたが

私も初めて聞いたのでいろいろ勉強になりました!!

えごま油にはこんなに身体に良いものだったんですね。

これから試してみたいと思いました!

みなさんはどうでしょうか?

この記事を見て試してみたいと思っていただけましたでしょうか?

また、みなさんのお役に立ててたら嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です